食べると免疫力がアップ、うなぎの健康美容効果!

うなぎ
栄養素がたっぷりと含まれているうなぎには夏バテにもおすすめで、美肌やアンチエイジングなどの美容効果もあります。でも、タレでギラギラしているうなぎを見て脂っこそうだと思う人は多いようです。スーパーでは見た目をよくするためにタレをしっかりかけているそうですが、実際のところうなぎ自体にはそれほど脂は含まれておらず、実は低カロリーなのです。

うなぎのもつ健康効果について知ろう!

うなぎの脂は不飽和脂肪酸という良い脂肪なのです。不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを抑制したり、老化による衰えを防いで血液をサラサラにしてくれます。うなぎにはDHAや、EPAなどの動脈硬化を予防して、脳梗塞や心筋梗塞などの発病を防いでくれたり、脳の働きを活発にしてくれる脂がたっぷりと含まれています。

ビタミンAはうなぎに豊富に含まれている栄養素で、ウイルスや細菌などから身体を守る働きがあるといわれています。うなぎに含まれているビタミンAを摂取することで、風邪に負けない元気な体になります。また、ビタミンAには粘膜や視覚の働きを正常に維持する役割もあって、胃腸病を予防することもできるとされています。

また、うなぎに含まれているDHAやEPHなどの不飽和脂肪酸には、コレステロール値を下げる効果もあるため、血液をサラサラにして血流を良くできます。そのため、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる動脈硬化も予防してくれます。うなぎ3
また、うなぎにはビタミンAの他、ビタミンB1も含まれています。
ビタミンB1には炭水化物の代謝をスムーズにさせる働きがある酵素の材料となり、元気な体づくりをサポートしてくれます。炭水化物の代謝によってエネルギー変換されなかった成分は疲労物質として体に溜まります。その時私たちは疲労を感じるといわれます。この疲労物質は、ビタミンB1が不足すると体内で合成されるそうです。そのため、うなぎを摂ることでビタミンB1も摂取でき、疲労物質の生成が抑えられるので疲れにくい体を作ることができるのです。
そして、ウナギにはビタミンDも含まれています。うなぎに含まれているビタミンDを摂取すると、カルシウムの吸収率が約20倍になるといわれています。カルシウムの吸収効率が高まると、カルシウム不足によって引き起こされるといわれている骨粗鬆症の予防になります。
また、ビタミンDは強い抗酸化作用を持っているといわれ、抗がん作用もあるのです。ビタミンAの働きで免疫力が高くなりますので、がん細胞を攻撃して抑える効果も期待できます。

ひつまぶし

うなぎのがもっている美容効果とは?

うなぎ含まれているビタミンEやビタミンAなどの抗酸化作用によって強いアンチエイジング効果を期待することができるのです。
ビタミンEには、皮膚の酸化を予防する働きがあってアンチエイジング効果があるといわれています。また免疫力を高め、皮膚を健やかに保つので肌のハリやツヤが高くなるとされています。ビタミンEの効果で、シミやくすみ、たるみを軽減させたり、ビタミンEの抗酸化作用によって、体の中にある活性酸素を抑えて老化の進行を遅くするといううれしい効果もあるといわれています。
また、うなぎには美容成分であるコラーゲンやレチノールが豊富に含まれています。コラーゲンは年齢と共に減少してしまうので、コラーゲンが不足すると、肌にハリがなくなりしわなどの原因になるのです。
レチノールはビタミンAのことで、摂取することで抗酸化作用によってシミやくすみなどの改善効果があります。そのためうなぎ含まれているコラーゲンやレチノールによって美肌効果を得ることができると考えられています。
さらに、うなぎには鉄分が含まれており、赤血球の生成が少なくなることが原因でおこる貧血を予防する働きがあるのです。そのため、全身に酸素や栄養をしっかりと届けることができて、必要な栄養分をしっかり細胞に届けることができます。
この他にも、ウナギに含まれているパントテン酸というビタミンB群の働きで新陳代謝を促進させ、髪の毛を元気にしたり、髪の毛のダメージを軽減させ、健康な毛髪を維持する効果もあるのです。
うなぎにはこのように多くの効果があります。ウナギを食べることで全体的に新陳代謝がよくなります。そのためダイエット効果も期待できます。

うなぎ3

ウナギを食べる時にはビタミンCも積極的に

ウナギを摂ることによって、多くの健康効果&美容効果に期待できるようになり、うなぎには私たちの健康や美容を保つ多くの重要な栄養素がバランスよく含まれている食品といえます。しかし、唯一含まれていないのがビタミンCなのです。ビタミンCはうなぎにたくさん含まれている栄養分の働きを効果的にサポートする働きがあり、野菜や果物などの豊富に含まれている栄養素です。
そのため、うなぎを食べる時には、ビタミンCが摂れる野菜や果物、あるいはサプリメントなどで補ってください。野菜ジュースや果物のデザートなどでビタミンCを補うこともできます。一緒に摂って美容効果をさらに高めましょう。

柑橘系

スポンサーリンク