強い抗酸化パワーを持つアスタキサンチン

アスタキサンチン

美しいお肌のために必要な抗酸化成分アスタキサンチン

「いつまでも若々しいお肌でいたい」「ハリのあるみずみずしいお肌を手に入れたい」
そんな願いは、多くの人が望んでいることでしょう。その願いを叶えてくれるのが、カニやエビといった甲殻類やイクラやサケに含まれているアスタキサンチンです。アスタキサンチンは、若々しいお肌を手に入れるために必要な成分になります。
私たちは、体内でアスタキサンチンを作ることはできません。なので、アスタキサンチンが含まれる食べ物から摂取する必要があります。アスタキサンチンは、エビやカニなどに含まれる赤い色素のことで、カロチノイドの一種です。この色素は自然界にある天然の赤い色素になります。動物は皆、アスタキサンチンを自ら作ることはできませんので、海の藻やプランクトンを食べたカニ、エビ、魚類の中に多く含まれているのです。
そして、私たちは魚や甲殻類を食べることで、体内では生成されないアスタキサンチンを摂取しています。この赤い成分アスタキサンチンは、美容や健康に良い成分であると話題です。植物からできている成分になりますので、安心して摂取できる魅力もあります。

体が酸化?活性酸素のお話

お肌は、日々のストレスや紫外線などの影響で活性酸素が体内に溜まると、どんどん若さを失ってしまいます。活性酸素とは、私たちの体を酸化させてしまう酸素のことです。体が酸化すると、酸素が持つ防衛作用のために細胞を傷つけてしまいます。お肌にシミができたり、ハリや潤いがなくなるといったお肌の悩みも活性酸素の影響です。
例えば、お肌のハリにコラーゲンが大切ということは多くの人が知っていることでしょう。しかし、活性酸素が体内で増えてしまうと、コラーゲンにもダメージを与えてしてしまい、お肌のハリや潤いを保つことができなくなってしまうのです。
お肌の真皮層では、コラーゲン繊維が網のように張り巡らされています。コラーゲンがダメージを受けると、この網の目が傷ついてしまい、ハリや潤いが失われてしまうのです。ハリや潤いがなくなったお肌には、シワができやすくなってしまいます。活性酸素は、このように私たちの体の老化を早めてしまうのです。

たるみが気になる

活性酸素へ勝負!抗酸化作用のお話

お肌の大敵である活性酸素を減らすことができれば、若々しいお肌を保つことができるはずです。そこで重要になるキーワードが、「抗酸化作用」です。
抗酸化作用とは、活性酸素を除去して物質が酸化するのを抑える作用を言います。この抗酸化作用によって、体内の活性酸素が少なくなれば、若々しい体を保つことができるのです。
私たちの体内には、活性酸素を除去する抗酸化物質があります。しかし、日々ストレスや紫外線、排気ガス、タバコといった活性酸素の原因の影響を受けている現代人は体内の抗酸化物質だけでは対処できない可能性もあるのです。そこで、ビタミンEや、ビタミンCといった抗酸化物質を含む成分を摂る方も多いでしょう。しかし、さらに強い抗酸化作用を持つ成分があります。それが、アスタキサンチンです。

タバコをやめる女性

赤い救世主、アスタキサンチン!

アスタキサンチンが持つ抗酸化作用は、とても強く、抗酸化作用でよく知られているβカロテンの100倍ビタミンEよりも500~1000倍もの力があります。活性酸素の影響を最も受けやすいのが、細胞膜です。細胞膜は酸化しやすい脂肪でできているので、影響を受けやすくなるのです。この細胞膜に一番力を発揮するのが、実はビタミンEやβカロテンよりも、アスタキサンチンです。アスタキサンチンは細胞膜に吸収される形で、中からも表面からも活性酸素を除去する力を持っているのです。アスタキサンチンの強い抗酸化物質を摂取することによって、体内の活性酸素は少なくなり、いつまでも若々しくいられるのです。もちろん、内側からのアプローチになりますので、お肌だけでなく体全体に効果があります。

スポンサーリンク