キレイになりたい女性の味方!イチジクの3大美容効果!

春から秋にかけてが旬の果物イチジク。食べたことがある人も多いと思いますが、その美容効果についてはあまり知らないという人もいるでしょう。便秘解消に、糖分や脂肪分の吸収抑制、アンチエイジングなど食べると嬉しい様々な効果があると知ったら?きっと食べずにはいられなくなりますよ!

いちじく

春から秋にかけて見かけるイチジク、どんな効果があるの?

クワ科イチジク属の落葉高木。その木になるのが「無花果」と漢字で表記されるイチジクです。この表記を見ると、「花が咲かないの?」と思うかもしれませんが、ちゃんと花も咲きます。果実の中に花弁があることから、こう表現されているのです。
庭に植えている家庭も多くあり、旬の時期になると良い香りが漂ってきます。愛知県の他、和歌山県、福岡県、兵庫県で多く生産されています。

イタリアンやフレンチでは、良くイチジクが使われます。ハムと一緒に食べたり、前菜として食べたことがあるという方も多いのではないでしょうか。ソースにしてお肉やおさかなにかけて食べられることも珍しくありません。

ドライフルーツを良く見かけると思いますが、他の商品と同じように乾燥させることで栄養が凝縮されて、整腸作用も期待されます。ただし、糖分も高くなってしまうので食べ過ぎには注意が必要です。
1日に2~3個にとどめておくのが良いでしょう。

色々な効果が期待できる?5大効果をご紹介!

  1. アンチエイジング
    豊富に含まれる抗酸化物質のおかげで、老化を防ぐ効果があると言われています。
  2. 更年期障害の症状軽減
    エストロゲンと言われる女性ホルモンに似た成分が含まれるため、更年期障害のほかにも女性特有の悩みに効果が期待されます。
  3. がんを予防する
    ベスアルデヒドが果汁に含まれており、ガン細胞を麻痺させると言われています。特に、前立腺がんを予防する効果が高いようです。
  4. 便通を良くする
    腸内をきれいにしてくれる食物繊維の一種ペクチンが豊富に含まれています。腸の働きを活発にしてくれるので、便秘解消が期待できます。
  5. 消化促進
    たんぱく質分解酵素の一種プロテアーゼが含まれているため、糖質や脂質を消化してくれます。

キレイな女性

食べれば綺麗になれる?気になる栄養効果について

便秘をしたり、消化不良を起こしてしまうときれいな体からはどんどん遠ざかってしまいます。そこで、イチジクの出番!サプリメントに配合されるような成分が含まれているので、食事では賄いきれない栄養素をしっかり取ることができ、きれいになりたい女性の味方と言えます!

水溶性の食物繊維であるペクチン
便秘を解消してくれると言われていますが、イチジクにはこのペクチンが大量に含まれています。腸内にいる善玉菌増殖にも一役買ってくれるので、便秘とさよならできるうえに、下痢を抑制する効果もあるようです。

また、たんぱく質分解酵素であるフィシンが含まれているので、魚や肉などの高コレステロールのものと一緒に食べると、その吸収を抑えてくれます。ですから、イタリアンやフレンチでは、ソースとしてイチジクが良く使われるのでしょう。

いちじく美容効果

イチジクの3大美容効果!これさえ知ればきれいに近づける!

◎腸内環境を整えてくれる水溶性食物繊維

100gに含まれる食物繊維の量は1.9gとあまり多くありません。ですが、水溶性の食物繊維であるペクチンは100gに0.7gも含まれており、これは他の果物と比べてとても多いと言えます。腸には善玉菌がいますが、この働きを高めてくれるのが水溶性食物繊維です。便秘や軟便の解消には腸内環境が重要ですので、食べることで改善が期待されます。また、糖の吸収を抑える効果もペクチンにはあるので、食後の血糖値上昇を緩やかにしてくれる効果も期待できます。

◎消化を促進してくれるタンパク質分解酵素

フィシンの他、アミラーゼやリパーゼなどのたんぱく質分解酵素は、脂質だけではなく糖質の消化も促進してくれます。

◎嬉しいアンチエイジング効果も

アンチエイジングには抗酸化物質を摂取して活性酸素を抑えるのが効果的と言われています。その抗酸化物質であるアントシアニンやエピカテキン、ルテインと同時にビタミンやミネラルも摂取できるイチジクは、きれいな肌を手に入れたい人にはとても嬉しい食べ物だと言えます。

きれいを目指せ!イチジクの調理法をご紹介

◎とろ~り甘い!イチジクとクリームチーズのハチミツ和え

調理手順
①皮をむいたイチジクを1センチ角に切る。
②同じ大きさにクリームチーズを切る。
③①と②をお皿に盛りつけて、レモン汁とハチミツをたっぷりかける。
粗挽きの胡椒をかけると、アクセントになってオススメです。

◎簡単!ヘルシー!いちじくシャーベット

調理手順
①良く洗ったイチジクを半分にカットする
②①をラップでくるみ、冷凍庫へ。
これだけで、美味しくてヘルシーなシャーベットの出来上がり。見た目も可愛いのでパーティーにも良いかもしれません。

◎イチジクのマヨドレッシング

調理手順
①両端を切り落としたイチジクを、適当な大きさに切る。
②板ずりしたきゅうりを小口切りにして塩もみしたあと、良く洗い水気を取る。
③2枚のハムを8等分に切る。
④①~③に塩と胡椒、レモン汁、マヨネーズをかける。
マヨネーズのコクとイチジクがマッチして、美味しく食べられます。

イチジク料理

もちろん、そのまま食べてもとっても美味しいイチジク。
ただ、傷みやすいのが難点なので、いっぱいある時にはジャムにしてしまうのも良いかもしれません。
ペクチンがたくさん含まれているので、簡単に作ることができます。

まとめ

誰もが一度は聞いたことがあるイチジク。
栄養価が高いので世界中で食べられています。美味しいだけではなく、食物繊維が豊富な上にビタミンや抗酸化物質も含まれているのが嬉しいですよね。
さらに低カロリーときたら、ダイエット中の人はおやつ代わりにぜひ食べたいと思ってしまいますね。食物繊維で便秘を解消し、消化酵素で糖や脂肪を分解し、抗酸化物質でアンチエイジング
生で食べられる時期も限られているので、ドライフルーツやイチジクドリンクなどで摂りいれてくださいね。

これだけの効果が期待できると知ったら、きれいになりたい人は放っておけませんよね。最近では、美容ドリンクやサプリメントでも配合されているものが多くあります。
きれいになりたいと思っている方!ぜひ美生活の中にイチジクを取り入れて理想の体に近づきましょう!


10種類の美容成分が入った【いちじく美ジュレ】株式会社アコルドール

スポンサーリンク