肌のハリ・弾力に欠かせない、エラスチンの増やし方

肌のハリが気になる女性
シワやたるみが気になり始めたら、それはお肌の弾力が弱くなってきたというサインです。
肌の弾力がなくなってしまうのは年齢を重ねていけばある程度仕方がない事だと諦めてしまって、お肌のトラブルをそのままにしてしまってはいませんか?
年齢とともに老化は避けられませんが、スキンケア対策によってお肌は美しさを保つ事が可能なのです。

肌のハリを取り戻すための美肌成分エラスチン

お肌にとっていい栄養素はいろいろあります。その中でもお肌の弾力を維持するために必要不可欠な成分がエラスチンです。美肌成分といえば、まず真っ先に思いつくのはコラーゲンヒアルロン酸などがあります。
それらと比較するとエラスチンという成分はそれほどよく耳にしないかもしれませんが、肌の弾力に直接関係する重要な成分なのです。

エラスチンはゴムのように伸縮性に富んでいて、バネのような役割を持っています。人間の体の中には皮膚だけでなく血管や関節など、伸びたり縮んだりする部分が多くあります。それらの器官にとってもエラスチンは欠かす事ができないものなので、私達が健康に生きていく上でもとても重要なものである事がわかります。

そして皆さんがよく知っているあのコラーゲンは、エラスチンと組み合わせる事で弾力が生まれ、どちらの成分も線維芽細胞という真皮の部分で生成されます。エラスチンは約800種類あるアミノ酸からできていますが、最近では美肌効果のみならずその他の分野でも注目されているようです。

ハリのある肌

エラスチンが足りなくなるとどうなるのか?

エラスチンは若ければ若いほどに、体内で豊富に作られますが、年齢とともに自分で作る力が衰えてしまいます。なんと体内のエラスチン含有量は、20代後半がピークとなり年を重ねる毎に急激に減っていきます

またエラスチンは自然に衰えるだけでなく、紫外線喫煙紫外線ストレス等などの外的な刺激によっても壊されてしまうので、若い人であっても環境要因によっては不足してしまう事があります。

肌の真皮といわれる皮膚の表面のさらに下の部分は、コラーゲンの繊維がまるでネットやスポンジのように網をめぐらせていて、重要な成分をしっかりと絡めて保持する役割を担っています。キメが細かい繊維だと、より多くの水分を含み続ける事ができますからお肌の状態もみずみずしいものになります。

弾力効果の高いエラスチンが多いと、この繊維にも弾力が出るのでお肌にハリが生まれるのです。ですからコラーゲンばかりを多く摂っていても、エラスチンが不足していればシワやたるみという問題は解決しにくくなってしまいます

もともと肌に存在するエラスチンはコラーゲンなどの成分に比べると体内にあるのは微量です。しかし、からだの中でも特に伸縮性のある血管や靭帯などの部分には多くのエラスチンがあります。

血管の伸縮性が弱くなったり、血管が硬くなったりすれば動脈硬化が進んでしまいます。血管の不具合は命に直結するような病気の原因にもなりますから、伸縮性に富んだしなやかな血管を保つという事は健康上において重要な事です。
このような事から考えてみても、弾力性とエラスチンの深い関係を理解する事ができますし、人間が生きていく上でとても重要な成分である事が理解できます。

喫煙が肌をダメにする

エラスチンはどうしたら増やせるのか?

エラスチンは人間の体内で生成できる成分ですが、加齢とともにそれも難しくなってきます。
ですから、食事やサプリメントからエラスチンを摂取する事が望ましいでしょう。

ではエラスチンをどんどん摂取すればいいのではないかと考えたくなりますが、ただエラスチンをそのまま多量に摂取したとしても、期待する効果に直結するわけではありません。それはコラーゲンなどの美肌成分でも同じ事が言えますが、摂取した成分がそのままお肌に運ばれて必要な栄養素がすぐにお肌に浸透するという事はありません。

人が経口摂取したものは、一度体内で消化されてから各器官に必要な栄養素が配分されていくしくみになっています。エラスチンは肉や魚に含まれていますが、食事で摂取した後に消化されてアミノ酸に変化してどこに吸収されるかはわかりません

肌の弾力性を高めるためにエラスチンを摂取したい場合、エラスチンがどのように生成されるのかを考える必要があるのです。エラスチンは線維芽細胞が活性化する事で増えますから、製造元である器官に働きかけるような生活をする事が美肌への近道とも言えるのです。

ですから美肌にいいコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンのみならず、ビタミンやミネラル豊富な野菜や果物、肉や魚から量質のたんぱく質などもバランス良く摂取する事で、美肌成分を製造するのに最適な環境を整える事になります。

  • 肌の弾性繊維を助ける食品ミネラル(海藻、きのこ類など)
    ビタミンAを多く含む食品(にんじん、モロヘイヤ、パセリ、しそ、海苔など)
    緑葉野菜(水菜、ニラ、小松菜、ほうれん草、ケールなど)
    亜鉛を多く含む食品(ヨーグルト、牡蠣、かに、チーズ、牛肉など)
    大豆(豆腐、豆乳、枝豆、納豆など)

生活習慣が乱れていたり、疲れやストレスがたまっていると、肌の調子が悪くなるという経験は多くの女性が経験した事のある現象です。食生活を含め、日常の生活の在り方はそのまま肌の状態に反映されるという事ですから、美肌にいいものを摂り入れるだけでなく運動や質の良い睡眠なども合わせて意識する事は美しさの秘訣とも言えるでしょう。

肌にいい食事

エラスチン配合の化粧品

体内にエラスチンを摂り込むだけでなく、化粧品を使用する事でさらに外から補給する事もできます。冬の乾燥はもちろん、夏でも空調のきいた部屋に長時間いる事でやはり乾燥にさらされる場合もあります。

女性の肌はとてもデリケートですから、そのような外的要因から肌を守るという事もとても大切です。化粧品で乾燥から肌を守るためにとても重要なのが保湿成分です。

いくら上から水分を補給しても、肌が水分を保持し続けられなければ意味がありません。ですから、使用する化粧水や乳液などに含まれる成分は保湿力の高いものを選びたいですね。

その点でセラミドという成分は保湿力がとても高いので、エラスチンとの相性も抜群です。これら2つの成分が組み合わされた化粧水を使用すれば、エラスチンで肌の弾力をつけてセラミドで保水する事ができるため、もちもちとハリのあるつややかなお肌を実現する事ができるでしょう。

エラスチン配合

美容成分配合のドリンクやサプリメント

美容ドリンクやサプリは世の中に多く流通していて、口コミを見れば賛否両論色々とあります。どんな商品が合っているのかは個人差があるので試してみないとわかりませんが、どのような方法で美肌を目指すとしても一番大切なのは継続をする事です。

どんなに肌にいい事でも、1日や2日ですぐに効果が期待できるようなものはあまりありません。人の体は代謝で劣化と再生を繰り返していますので、お肌にいい事を始めたら、まずはその代謝のサイクルが何度か回るまでは続けてみないと本当の効果を実感する事ができないでしょう。
ですから、自分に合った方法を見つけたらまずは1カ月継続する事を目標にしてみる事をおすすめします。
美容ドリンクを飲む

スポンサーリンク