肌のハリと病気予防に効果的、エラスチン

エラスチン

エラスチンはコラーゲン同士を結合する作用がある繊維状のタンパク質のことで、年齢と共に減少します。皮膚の真皮、血管、靭帯などの伸縮性が必要な組織に存在します。その効果は肌のハリと弾力を維持する、動脈硬化の予防、靭帯の伸縮を保つことを挙げることが出来ます。

エラスチンとは何か?

エラスチンというのは、コラーゲン同士を結合する作用がある繊維状のタンパク質のことを言います。ゴムみたいに伸縮する性質があり、皮膚の真皮、血管、靭帯といった体の中で弾力性と伸縮性を必要とする組織に存在します。人間の体内の組織でのエラスチン含有量は、靱帯の8割程、動脈の5割程、肺の2割程、皮膚の真皮で0.5割程となっています。

エラスチンは800個以上のアミノ酸が連なり構成されていて、8割~9割程がロイシン、アラニン、グリシン、プロリン、バリンといった5つのアミノ酸により占められます。弱酸性、弱アルカリといった化学的処理には安定していますがエラスターゼをはじめとしたタンパク質分解酵素でゆるやかに分解出来ます。

エラスチンは、コラーゲンとヒアルロン酸などと共に皮膚の真皮に存在する繊維芽細胞により生成されます。繊維芽細胞は新しい組織を生成すると古い細胞は分解して新陳代謝を行います。ですがエラスチンは、25歳をピークに減少し40歳以降は一気に減少スピードが上がります。紫外線、ストレス、喫煙が原因で発生する活性酸素により減少します。エラスチンは一度失われると上手に再生することが難しいので毎日のケアが重要となります。

エラスチンの効果と働きについて

・ハリと弾力を維持する

皮膚の真皮と言われる部分にコラーゲンと共に存在し肌にハリや弾力を与える働きがあります。皮膚は大別して表皮、真皮、皮下組織の3層から成り、エラスチンが最も多く存在している真皮は、クッションみたいに肌のハリと弾力を維持しています。真皮の厚さは0.5ミリから2ミリくらいで、たんぱく質繊維のコラーゲンとエラスチン、水分を維持するヒアルロン酸といったムコ多糖類で構成されます。

真皮全体の7割を占めているコラーゲンが網の目みたいに張り巡らされていて、網の目の部分を結合して支えているのがエラスチンと言えます。エラスチンは真皮全体の0.5割程しかなくコラーゲン同士を結合し、肌を内側より支える役割があります。真皮のエラスチン繊維、コラーゲン繊維によって網目状の構造がきちんと維持できている事と、その間を埋めるヒアルロン酸がしっかり水分を維持することで肌のハリと弾力が保つことが出来ます。

肌のハリ、弾力を失うとシワとたるみがが出来てしまいます。シワとたるみは体内に発生した活性酸素によりエラスチン繊維、コラーゲン繊維に負荷がかかることが原因で発生します。真皮で活性酸素が増えるとエラスチン繊維、コラーゲン繊維が切れてしまう、複雑に絡まってしまう、余計に生成されることにより繊維構造のバランスが壊れてしまいます。バランスが乱れると皮膚の土台が崩れてしまいハリと弾力が無くなってしまうのです。さらにエラスチン繊維とコラーゲン繊維が弾力が無くなると、皮膚、脂肪が顔の筋肉とか骨に吸着する力ガ低下し下がった皮膚と脂肪がたるみになってしまいます。

シワとたるみを予防するには繊維構造のバランスが乱れる原因である活性酸素の発生を予防する事と、さらには真皮の構成成分のエラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸が不足しない様にきちんと補うことが重要です。

ハリのある肌

・動脈硬化を防ぐ効果

エラスチンというのは心臓、体の全身の血管に存在していて弾力を与える働きがあります。心臓は弾性型動脈、筋型動脈が存在し、心臓に近い部分に存在している弾性型動脈には沢山のエラスチンが存在します。心臓から送られた血液が動脈を介して全身に行き渡り静脈を介して心臓に戻ってきます。動脈と静脈の血管壁に内から内膜、中膜、外膜と呼ばれる3層があり、エラスチンは血管壁の内膜と中膜に沢山含まれています。

活性酸素や加齢によりエラスチンが減少すると血管が硬化し動脈硬化、心筋梗塞、脳血栓といった病気にかかるリスクが上がります。なのでエラスチンは動脈硬化の予防効果があると言えます。

・靭帯の伸縮を保つ働き

靭帯は体の様々な場所に存在して沢山のエラスチン繊維、コラーゲン繊維が存在しています。それにより弾力性があり靭帯も伸縮性を維持しているのでエラスチンが不足した場合は靭帯が伸縮しにくくなりしなやかな動きが出来なくなり、靭帯の一部や全てが切れる恐れがあります。年齢とともに胸が垂れやすくなるのも、エラスチンの減少と共に「クーパー靭帯」と呼ばれる乳腺の組織や脂肪をを支えている靭帯の伸縮力が弱まることが原因と言われています。

胸が垂れる

まとめ

エラスチンはコラーゲン同士を結合する働きがある繊維状のタンパク質で、肌にハリや弾力が欲しい人、美肌になりたい人、アンチエイジング効果を期待したい人、動脈硬化の予防を心がけている人、靭帯の怪我を予防したい人は摂取を心がけましょう。

食事で体内のエラスチンを増やしたい場合は、エラスチンを生成する器官である「線維芽細胞」の動きを活性化させる栄養素を含むものを摂取することが大切です。

緑黄色野菜、イワシやサケ、マグロといった魚類ミネラルが豊富な海藻類やきのこ類、チーズや丸ごと食べられる小魚など、毎日の生活に取り入れることによって、エラスチンを作る工場が元気になってくれます。

!あわせて読みたい!

肌のハリ・弾力に欠かせない、エラスチンの増やし方

スポンサーリンク