肌の悩み別、手作りジュースでエイジングケア

まず、5つのセンテンスに分かれており、まず最初に手作りジュースの紹介をし、悩み毎にどのような素材でジュースを作ればいいか、その材料の何がお肌のお悩みに効果的なのかをお話します。

ドリンク

エイジングケアのためのスペシャルジュース

美容ドリンクは市販されているものも、もちろんたくさんありますが、それらを飲むことももちろん効果は絶大です。
しかし、実際に美肌を保っている方の多くは、自分自身で自分自身のお肌のための美容ジュースを作っているのです。今回は、その美容ジュースの作り方をお悩み毎に紹介したいと思います。

手作りジュース

肌荒れ吹き出物にはデトックス効果の高いジュースを

お肌の悩みと言えば、肌荒れや吹き出物、という方は多いでしょう。
その原因として考えられるのは腸内環境が荒れていることです。特に症状としては便秘として現れることが多いです。便秘になると腸内に排出すべき老廃物が溜まってしまい、それがお肌にまで影響を及ぼしてしまうというメカニズムがあるのです。ですので、肌荒れに効果のあるジュースとしては、この便秘を解消することのできる効能が期待できるジュースを作るといいでしょう。腸内環境を整えてくれる、いわゆるデトックス効果の高い素材を使って作るといいでしょう。

例えば、豆乳レモン汁バナナヨーグルト、はちみつ、きなこなどを原材料に作ってみることをオススメします。混ぜるだけで簡単にできあがるので、肌荒れ対策にぜひともお試しください。一日一杯くらいが適量です。

バナナ

美肌効果の高いビタミンCで、シミ・そばかすを予防する

もしもシミやそばかすが気になるのであれば、それはビタミンCが不足している証拠です。
ビタミンCは体内で簡単に消費されてしまいますので、一日三回で飲むことをオススメします。肝心の材料ですが、ビタミンCを含んでいる食材は非常にたくさんありますから、それらを調べて、自分の好みのジュースを作るといいでしょう。

参考程度に上げるとすれば、いちごグレープフルーツレモンオレンジアセロラパイナップルキウイ、などなどが挙げられます。少し酸っぱさの強い味になることが想像されますので、はちみつを混ぜ合わせたりして、味の調整を行うといいでしょう。

いちご

お疲れ肌には足りない栄養素を補給するジュースを

睡眠不足などで、お肌までもが疲れてしまっている場合、そのような場合はクエン酸やミネラルなどの栄養を補給することのできるジュースを作ることをオススメします。

そのような場合には、リンゴグレープフルーツがオススメです。また、味を大きく変化させてしまう恐れもありますが、アスパラもオススメです。アスパラは疲労回復の効果が期待できますので、お肌だけではなく、自身の肉体にも良い効果を与えることができるでしょう。

りんご

抗酸化作用でエイジングケアを試みる

また、エイジングケアを行いたい、という方であれば、βカロテン、ビタミンE、ビタミンA、ポリフェノールなどの、抗酸化作用の強い食材を使ってジュースを作るといいでしょう。

トマトパプリカキウイゴーヤなどがオススメです。これらをジュースにして飲めば、生活習慣病の予防や、老化を防ぐことができます。

トマト

専用キットを使ってきちんと保存すること

非常に嬉しい効果のある手作りジュースではありますが、一つだけ注意することがあるとすれば、酵素ジュースなどは保存が難しく、腐敗させてしまう恐れがあります。
ですので、もしも酵素ジュースを作るのであれば、市販されている専用のキットを利用することをオススメします。自分自身のお悩みに対して、効果がてきめんに現れるジュースを作り、飲んでみることでお肌の悩みの解消に繋がりますので、ぜひとも試してみましょう。

スポンサーリンク