カリフラワーでダイエット!?栄養素とダイエットのひみつ

カリフラワーを摂取することで得られるダイエット効果のある栄養素はビタミンB類で糖質や脂肪をエネルギーに変えることが出来ます。またビタミンCにより血液サラサラにし代謝をアップ、食物繊維で腸内環境を改善、カリウムでむくみ解消する効果が期待できます。

カリフラワーでダイエット

カリフラワーがダイエットに効果的!?

カリフラワーを摂取することでダイエット効果がアップするという話を耳にしたことがあるでしょうか?
最近ダイエットフードとして注目が集まっているのがカリフラワーなんです。海外セレブやアーティストもこぞって紹介しているのを目にします。
その理由はダイエット効果が高い栄養素が沢山含まれているからです。それにカリフラワーは野菜なのでカロリーが低く太りにくいと考えている人が多いかもしれません。ですが太らないどころの話ではなく高いダイエット効果が期待できるのです。

ダイエットに効果的な栄養素って

これからカリフラワーに含まれるダイエットに効果がある栄養素について紹介していきます。まず挙げることが出来るのがビタミンB類で、カリフラワーにはビタミンB1、B2、B6が含まれていて、ビタミンB1には糖質をエネルギーに変える働きがあります。
他にもビタミンB2脂質をエネルギーに変える働きがあり、ビタミンB6にはタンパク質といった代謝を助ける作用があります。基礎代謝がアップすればその分痩せやすい体質になることが出来るのでダイエットに必要不可欠な栄養素であるということが出来ます。

さらにビタミンCもたっぷり含まれていて、ビタミンCは体内の活性酸除除去する作用があります。体内の活性酸素が増加すると血液がドロドロになってしまいます。そして血液がドロドロになると脂肪を燃焼させるのに欠かせない酸素、栄養素を運搬することが出来なくなるのです。そうなると脂肪は燃焼されずに体内に蓄積されてしまいます。
なので、ビタミCを摂取して活性酸素を除去することが出来れば、血液はサラサラになり脂肪の燃焼を行なうことが出来ます。

カリフラワーは食物繊維を多く含む食材で、この食物繊維は腸内環境を整える作用があります。腸内環境が悪化すれば便秘がちになり、血行が悪く基礎代謝が低下して太りやすい体質になってしまいます。だから食物繊維を摂取することで腸内環境を改善すれば、便秘を解消することが出来ダイエット効果が期待できます。さらに体内の老廃物を排出するので肌の調子も良くなり健康的にダイエットをすることが出来ます。

カリフラワーに含まれるカリウムには体の中のナトリウムを体外へ排出する作用があります。ナトリウムが体内に多く蓄積されるとむくみが起こりやすくなります。
カリウムを摂取することでむくみの原因となるナトリウムを体外に出すことが出来るので、むくみ解消の効果があると言えます。特に女性は足などがむくみやすく足がパンパンだと太って見えてしまうのでカリウムを摂取し美脚を目指すことが出来ます。

カリフラワーとブロッコリーの栄養の相違点

カリフラワーとブロッコリーという食材は見た目が似ているので比べられることが多いと言えます。
ここでは2つの野菜の栄養素の相違点を紹介していきます。カリフラワーとブロッコリーは含まれている養素の相違はさほどないと言えます。同量摂取した場合ブロッコリーと比較してカリフラワーの方がビタミンCが少なくてビタミンB群が多いと言えます。
ですがビタミンCは熱に弱く調理によってお湯に溶けだしてしまいますが、カリフラワーのビタミンCが食物繊維により守られているからお湯に溶けにくいのがポイントです。
カリフラワーもブロッコリーも生食できるので、サラダなどでそのまま食べるのもおすすめです。

茹でた後に比べた場合でも、ビタミンCの量はほとんど同じということが出来ます。それならカリフラワーの方がビタミンB群が多い分栄養価が高くダイエットに最適ということが出来るのです。
さほど大きな違いがあるということではないので、ダイエット効果もあまり大きな違いはないと言ってもいいでしょう。あとカリフラワーとブロッコリーを比較した場合カロリーもさほど違いはないと言えます。

カリフラワーの場合は100gで27kcal、ブロッコリーの場合は100gで33kcalとなります。

カリフラワーとブロッコリー

ダイエットでカリフラワーを食べる時の注意点

カリフラワーはダイエット効果が高い栄養素が含まれていると言えます。
ですが、カリフラワーを摂取しているからと食べる量を増やしたら意味がありません。ダイエットを行なう際の基本というのは摂取カロリーより消費カロリーが大きいと痩せることが出来ます。逆に摂取カロリーの方が消費カロリーより大きいとダイエット効果がある野菜を摂取してもダイエット効果を実感することは出来ません。

あくまで摂取カロリーより消費カロリーが多いと痩せる、脂肪燃焼の効率がアップすると理解しておいて下さい。カリフラワーがダイエット効果が高いと言っても沢山食べると逆に太ってしまうので注意して下さい。

カリフラワーライス

・カリフラワーライス

様々なダイエット方法が存在しますが、人気があるのが糖質を抑制するダイエットで、穀物カットしている人、糖質制限を行なっている人に人気があるのがカリフラワーをご飯風に料理したカリフラワーライスです。
つまり生のままのカリフラワーを米粒くらいの大きさにカットし、軽く調理してご飯の代わりに食べるのです。

一見ライスみたいに見えますが、味は完全にカリフラワーといます。ですがカリフラワーは料理すると仄かな甘みがあり味もマイルドだからご飯と相性がいカレー、汁モノともよく合います。カリフラワーライスを調理しないでそのまま焼き飯みたいに具材と炒めて、カリフラワーフライドライスにするレシピも存在します。
フードプロセッサーを使用すると手軽に細かく刻むことが可能です。ですがフードプロセッサーがない場合は包丁を使用したりおろし器を使用しても問題はありません。調理法としてはオーブンで焼くのが最も美味しく出来ますがフライパンで少量の油で炒めてもOKです。食べた感があり味も美味しいので是非試してみて下さい。

スポンサーリンク