美容も疲れも改善! コエンザイムQ10が持つパワー

コエンザイムQ10
コエンザイムQ10そのものの概要と、補酵素の効果として、活性酸素を減らすことによる美容効果と疲労回復効果、骨粗しょう症などの予防効果があることを解説しながらご紹介し、最後にコエンザイムQ10の含まれている食品やドリンクなどでの摂取方法をご紹介いたします。

コエンザイムQ10は人体に含まれる栄養素

コエンザイムQ10は本来ならば人体に常に存在し続ける栄養素の一つですが、他の様々な栄養素の類に漏れず、20代を境目にして、その数をどんどん減らしてしまいます。
コエンザイムQ10は、学名をユビキノンと言い「どこにでもある」という意味のラテン語、ユビキタスから名付けられたと言われています。それほどまでに、体中のどこにでも存在する栄養素だと言われています。

コエンザイムQ10の様々な効能をご紹介

コエンザイムQ10はまず、体のいたるところにありますが、特に心臓の筋肉や骨などに豊富に含まれています。
その理由に、これらの臓器はたくさんのエネルギーを必要としており、コエンザイムQ10自身はそのエネルギーの作製を手助けする栄養素ATP、アデノシン3リン酸の生成を活性化させるという役割を担っているからです。
体の中でも心臓の筋肉、その他の筋肉に必要なエネルギーをコエンザイムQ10による働きで、効率よくエネルギーを巡らせることが可能になります。そうすることによって、疲労しにくい体を作ることができるのです。
つまり、コエンザイムQ10の第一の効能として、疲労回復効果があるということが理解できるでしょう。また、コエンザイムQ10には別名があります。それはビタミンQです。その名前の通り、コエンザイムQ10の働きの中にビタミン類と同じようなものが含まれているからそのように呼ばれているのです。特にそれは強い抗酸化作用として現れます。
心臓の筋肉や骨

抗酸化作用で生活習慣病と老化を予防する

抗酸化作用の第一の効能として、増えすぎた活性酸素を軽減する効能が挙げられます。
活性酸素自体は決して人体に悪影響を及ぼす物ではありません。体内に侵入してきた細菌やウィルスを撃退してくれるものなのですが、増えすぎてしまうと逆に体にダメージを与えるようになってしまいます。
しかも活性酸素はストレスや紫外線、喫煙や過度な運動のために増えてしまうため、現代人にとってはどうしても増えてしまいがちなものです。これが増えると細胞に傷を付けたりしてしまい、老化や生活習慣病の原因となるのです。それを軽減することができるのですから、コエンザイムQ10の効果はかなりのものだと言えるでしょう。
また、抗酸化作用のあるビタミンの効能をサポートしてくれる効果もあるので、例えばビタミンEなどと一緒に摂取することをオススメします。

老化が気になる女性

コエンザイムQ10を効率よく摂取するためには?

コエンザイムQ10を含んでいる食材はたくさんあります。
牛肉、豚肉、レバー、いわし、ほうれんそう、など基本的には動物性のものから摂取することは可能です。しかし、いわしの場合は約6匹、牛肉の場合は950gも食べなければ、十分な量のコエンザイムQ10を摂取することはできません。もともと、ごく少量しか食べ物からは吸収できないという性質を持っているので、どうしても量を増やさなければいけません。そんなに増やしたら、美容の前に太ってしまいますし、食べるのにも一苦労ですから、疲労効果も全く意味がありませんね。
ですので、効率よく摂取するためにはやはりサプリメントや美容ドリンクがオススメです。コエンザイムQ10は、1日に大体60g~100gを摂取するのがオススメです。それぐらいの量が含まれているサプリメントや、美容ドリンクを探して摂取するのが一番楽だと言えるでしょう。サプリメントだと安くても5000円以上の値段がすることもあります。ドリンクも同様に高額になりがちですが、それほどにコエンザイムQ10は効果があり、しかも貴重な栄養であるということです。美容や疲労、生活習慣病などの心配があるならば、将来の投資だと思って購入してみるのもいいかもしれません。

レバーとほうれん草

まとめ

最後に、コエンザイムQ10のまだまだある効果をご紹介します。まず、骨粗しょう症に効果的です。骨粗しょう症の原因にはカルシウムとコラーゲンが大きく関わっているので、これらも一緒に含まれている美容ドリンクなどがオススメです。
また、関節痛に悩んでいるかたにもオススメです。関節痛は軟骨がすり減っているために起こるものです。その軟骨の生成を促す効果もコエンザイムQ10にはあるのです。以上のように、疲労回復、美容、骨粗しょう症、関節痛、生活習慣病予防など、様々な面でコエンザイムQ10は大活躍します。これらに悩んでいる方にはかなりオススメですよ。

スポンサーリンク