シミやそばかすも体質と諦めずにスキンケア対策を!

しみ
シミは女性の肌のお悩みの中でも対処がしにくい厄介なトラブルです。
できれば未然に防ぎたいですが、蓄積された紫外線の影響がでるのはずっと後だったりと、後悔した時にはすでに遅い事もしばしばです。
そんな悩ましいシミ達も、諦めないで対策をすれば薄くしたり防止したるする事ができます。

シミはなぜできるの?

シミとそばかすは一緒のイメージがありますが原因がそれぞれ違います。
そばかすの場合はそのほとんどが遺伝的要素が高いのに対して、シミは生活環境が影響を及ぼす事がほとんどです。
紫外線からくる肌のダメージは、加齢とともにその影響がシミとなって肌に現われるようになります。若い時は日焼けをしてもすぐシミが出るわけでもなく、日が経てばまた元の肌に戻っていきますが、年齢が進むと日焼けの後にそのままシミが残る事も少なくありません。
それは一種の老化現象で、日焼け等の炎症を起こした後に肌の色素沈着を起こすからです。また、女性はホルモンバランスがシミやそばかすに影響する事もあるため、からだの変化の大きい思春期更年期などにシミやそばかすが濃くなってしまう事もあります。
シミやそばかすができる過程では、老化の原因となる酸化が活発に起こります。そのような時に紫外線を多く受けたりすると、色素を作る細胞が刺激されてシミを作ってしまうのです。
シミやそばかすのできやすさには個人差があるので、ある程度体質的な部分がある事は否めませんが、既にあるシミをそれ以上ひどくしないよう防いでいく事は努力次第で可能です。

なぜシミができるの?
シミの元、メラニンを増やさないようにする

メラニンの本来の働きはお肌を守る事です。
そのため、紫外線や過剰なスキンケアなど外からの刺激が肌に悪いと感知されてしまうと、お肌を守るためにメラニンが多く生成されてしまいます。そうすると結果としてシミやそばかすを悪化させるという事になりますので、紫外線対策だけでなくスキンケアもお肌にやさしい方法で正しく行うという事がとても大切になります。
また、紫外線というと日差しが強くて気温が高い夏を意識してしまいがちですが、1年の内で一番紫外線が強いのは5月と言われていますし、曇りや雨だからといって紫外線がないわけではありません。そんな紫外線が特に強い時期は念入りな対策をしておきたいですね。でも紫外線が少ないからといって冬も油断しないように気をつけたいですね。

紫外線対策

シミやそばかすにいい栄養素を摂る

メラニン色素の沈着を抑える効果がある栄養素としては、やはりビタミン類が欠かせません。
特にビタミンCはそのような効果が高くビタミンEなどは肌の代謝を良くする働きを期待する事ができます。その他のビタミン類も抗酸化作用が高く、アンチエイジングには欠かせない栄養素が満載です。

マッサージで肌のターンオーバーを促す

ターンオーバーとは肌の新陳代謝の事です。
過剰に力をこめたり、ゴシゴシとこするようなマッサージ方法だと、肌にはむしろ負担となってしまいさらに状況を悪化させる原因になりますが、正しい方法で優しくマッサージをする事は肌のターンオーバーを適度に促す事ができるので、シミやそばかすを薄くしたり防止したりする効果が多いに期待できます。

ターンオーバー
これらのように肌への刺激を減らし、ビタミンをバランスよく摂取して正しいスキンケアを行う事で、シミやそばかす対策を行う事になりますので、日々の生活に習慣として取り入れたいですね。

シミができる場所で原因が違う

シミは顔の様々な部分に出現します。吹き出物などもそうですが、シミの原因は場所によってそれぞれ違う場合があります。

おでこや目の周りのシミ

特に目から上にあたる部分は皮脂の分泌も活発で、ホルモンバランスの影響を受けやすいと言われています。そのためニキビ等の吹き出物も出やすく、残った痕からシミへと発展してしまう事もあります。

頬のシミ

腸内環境は人間の健康をつかさどるとも言われますが肌の状態もやはり同じで、腸内環境のみならず、胃や肝臓、腎臓などの機能低下によっても肌の状態は悪化をします。
そうすると頬や眉間などの目立つ部分にその影響が出やすくなり、目立つ所にシミができてしまう一因にもなりかねません。無理なダイエットや暴飲暴食、お酒の飲み過ぎなど、からだに悪い事は全てお肌にも悪く、肌あれやシミなどの原因になるという事を日頃から意識したいですね。

口の周りのシミ

ストレス社会に生きる現代人は自律神経が乱れがちで、鼻の下や唇の下など口の周りの肌トラブルの原因になります。ストレスがからだにもたらす影響は大きく、ホルモンバランスや内臓の具合にも大きく作用してしまい、肌はおろか健康そのものをも損ねてしまうという怖いものです。忙しい日々を送っているとなかなか自分の体調管理が難しいかもしれませんが、ストレスを過度に溜め過ぎないように良い睡眠や十分な栄養を取って、適度な休養を取れるように生活を調整する事も大切な事です。

シミにいい食べ物

シミの解消にはターンオーバーが欠かせません
代謝が悪い事で起こるむくみ等に悩む女性が多い事でもわかるように、肌トラブルが起こる原因としても大きいのがやはり代謝の問題です。ターンオーバーが活発になると、古くなった細胞から新たに再生された細胞へとバトンタッチするので、お肌の状態もおのずといいものになっていきます。そこで重要になってくるのが食事の質です。

シミにはやっぱりビタミンC

肌にいい成分は色々とありますが、シミに対してはまずビタミンCを積極的に摂りたいですね。ビタミンCが豊富といえばやはり果物ですが、多くの野菜にもビタミンCは含まれています。ビタミンCは美肌に不可欠なコラーゲンの生成にも必須の栄養素ですが、シミの元になるメラニン色素を抑える効果が抜群です。
一番先に思いつくビタミンCとしてはレモンが有名ですが、実は赤や黄色のピーマン、ブロッコリーや柚子などに含まれるビタミンCはレモンの1.5倍から2倍以上と高くなっています。
また、あまりビタミンのイメージがない柿にも多くのビタミンCが含まれています。
その他、キウイ、いちご、オレンジ、みかん、グレープフルーツなど、手軽に手に入る果物もビタミン豊富なので普段から食事に採り入れたいですね。

キウイ、いちご、オレンジ、みかん、グレープフルーツ

抗酸化作用でアンチエイジング効果を

酸化は老化を早める美容の敵です。酸化を防ぐにはやはり抗酸化作用の高い栄養を摂取する事がとても大事です。トマトに多く含まれる事で有名なリコピンの持つ抗酸化作用は高く、美容と健康にうってつけの食材です。料理はもちろんのことジュースでも手軽に摂る事ができます。魚介類や植物油等に多く含まれているビタミンE強い抗酸化作用が期待できます。

美肌効果トマト

その他お肌にいい食品

シミ対策として有効な食材は多くあり、果物や野菜、魚介類ばかりではありません。発芽玄米や味噌緑茶など、毎日の食事からも様々な美白栄養素を摂る事ができます。つまり、美肌にいいからといって偏った栄養ばかりを過剰摂取するというのではなく、色々な食材をバランス良く食べ続けるという日々の食生活が美肌への近道なのです。

発芽玄米おにぎりと味噌汁

まとめ

シミは一度濃くなってしまうとスキンケアのみで消すのはとても難しくなってしまうので、できる限り防ぎたいものです。
すでにあるシミも諦めずに対策を行えば薄くする事もできますし、それ以上のシミやそばかすを増やさないように努力した事はきっと報われるでしょう。
いつまでも美しい肌でいる為に、外からも中からもお肌に働きかける事で、美白を目指していきましょう。

スポンサーリンク