お肌を守る防護壁、セラミドの効果とは?

セラミド

アンチエイジングに関する情報は数多く存在します。
そのため美容にいい成分についての知識は世の中に溢れかえっています。ですが、本当にそれらの有効成分の働きや効果について正しく理解しているでしょうか。そんな数ある美容成分のひとつであるセラミドについてご紹介します。

セラミドってなに?

セラミドは細胞膜にある脂質の一種です。この成分は人間がもともと持っているもので、肌の表面の一番上の部分である角質層に存在します。そのためセラミドは、まるでバリアのようになって、皮膚を外の影響から守る役割を果たしています。肌の角質を細胞レベルで考えてみると、セラミドを主成分とするひとつひとつの細胞がいくつもくっつき合っている状態です。

ひとつ細胞に含まれるセラミドの割合は約半数を占めており、互いにくっついて細胞同士のすき間を埋めています。肌の一番上の部分にあたる所の細胞同士がきめ細やかに重なり合う事で、表皮の下から水分や油分が出てしまう事を防いでいる事から、セラミドはバリアのようなものと言われるようになりました。

若い時は肌に含まれるセラミドの量も多いので、それほどお手入れに熱心でなかったとしてもある程度潤いのある肌をキープする事ができますが、年齢を重ねていくほどに肌の状態はどうしても老化していきます。そのため自然とキープしていたセラミドの量が減ってしまうために、バリア機能が弱ってきてしまって表皮の下の水分などが蒸発しやすくなってしまいます。

いくら化粧水や美容液をつけて保湿をしようと思っても、表面のバリア効果が低ければどんどん水分は外へ逃げてしまうでしょう。ですから、保湿には欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸などの成分をより効果的にお肌になじませていい状態をキープしていくにはセラミドの力が必要になるのです。

セラミドの図

セラミドの効果、効能とは?

セラミドの効果は一言で言えば、優れた保湿機能です。
何と言っても外からの刺激を一身に受けてしまう肌の表面部分にあるものですから、紫外線や雑菌、乾燥などの外敵から守りつつ、内側から大切な成分が外へ出て行かないように守るという大変な役割をします。
皮膚炎などを起こすと肌のカサつきや肌荒れを起こしてしまいますが、その状況に陥っている時にはセラミドが不足してしまっている状態であるという事は医学的にも確認されており、アトピーや乾燥体質との関係が深いとされています。

アトピーとの関係

セラミドが少ない状態という事は、皮膚の表面の細胞同士のすき間が大きくなっている状態ですので、外からの影響ももろに受けやすくなってしまって、細菌などの侵入もしやすくなってしまう事で皮膚のトラブルをさらに増加させてしまう要因にもなります。

セラミドはバリア機能として優れた保湿力を発揮しますが、皮膚の内側の部分の状態が悪ければそれもそのまま保護してしまう事になります。ですから、肌にいいからといってセラミドのみを意識していたとしても美肌効果としての実感を得る事は難しいでしょう。

セラミドの良さを最大限に活用するためには、それ以外の美肌成分であるコラーゲンやヒアルロン酸、肌の弾力には欠かせないエラスチンなどの効果を十分に取り入れて、肌そのものの質を上げる事が大切です。美容効果のある成分は、それぞれが作用する場所や役割が違うのでどれも美肌には必要不可欠という事なのです。

このようにして基本的な肌の状態を良くした上で、美白作用もあると言われているセラミドの効果がじゅうぶんに発揮される事になると、ハリや潤いのあるもちもちとした美しい肌を保つ事ができるようになります。

セラミドにも色々と種類があって、植物性などの天然由来のものや合成のものなどがあります。食品の中では、こんにゃく芋に含まれるセラミドの量がとても多く、肌への吸収率も高い事が知られています。
それら自然のもの由来のセラミドを使用した化粧品は、肌にもやさしくて馴染みやすいのでおすすめです。

セラミド効果

まとめ

セラミドとはどういうものでその働きや効果がどうなるのかという事を考えて行くと、セラミドは美肌を保つためには欠かす事のできない重要な成分である事がよくわかります。
多くの女性の皆さんは、より美しい肌を目指して日々様々な努力をしています。
コラーゲン等のよく耳にする美肌成分ばかりではなくビタミン類ミネラルなどの栄養を意識した食事やサプリを摂取したり、マッサージやお風呂などでお肌のターンオーバーを促進したり、より肌に合う化粧品を使用したりと美肌のためにできる事はたくさんある事でしょう。

そのようにして手に入れた美肌をより長くいい状態で保っていくためにも、セラミドの効果についてよく理解して、より効果的にスキンケアを行っていくようにしたいものですね。

スポンサーリンク