間違ったニキビケアが悪化の原因?正しい9つのケア方法

ニキビが何故できてしまうのか、その原因を知ることで、効果的なニキビのケア方法に辿り着くことができます。もしかすると、ニキビが中々治らないのは、ニキビケアが間違っていることが原因かもしれません。ニキビができる原因やケア方法についてご案内しますので参考にして下さい。

ニキビが気になる

ニキビは何故できるの?

  • 生え際
    シャンプーをした時に、泡をしっかり洗い流しきれていないと、前髪がおでこにかかった時に、生え際などにニキビができてしまいます。
  • おでこ
    ホルモンバランスの乱れや前髪が皮膚に当たるなどの刺激によってニキビができやすくなります。
  • 眉間
    肝機能が低下していると、眉間にニキビができやすくなります。お酒の飲み過ぎや糖質の摂り過ぎが原因かもしれません。
  • こめかみ
    こめかみにできるニキビは、ストレスによるホルモンバランスの乱れが原因です。ゆっくりと湯船に浸かるなど、リラックスを心がけましょう。

  • 頬にできるニキビは、胃腸や肝臓の働きが低下していることが考えられます。糖質や脂肪分を取過ぎると、胃腸や肝臓に負担をかけることになりますので、食べ過ぎには気を付けましょう。

  • ホルモンバランスの乱れが原因です。睡眠不足やストレスの他に、生理前症候群などが原因でニキビができやすくなります。

このように、ニキビができ箇所によって原因が異なることがわかります。

ニキビの種類を理解しよう♪

ニキビができたからといって、一生懸命洗顔をしたり、ニキビ肌用の化粧水などを使っている方がいますが、大人ニキビの場合は、思春期用のアクネケア製品ではケアすることができません。逆に、敏感肌へと肌が悪化してしまう原因となります。
思春期ニキビは、皮脂分泌が活発な時期で、毛穴が詰まりやすいことからニキビができやすくなっています。
しかし、大人ニキビの場合は、ホルモンバランスの乱れや、肌のターンオーバーの乱れなどが大きな原因となっています。

ニキビケア9つの方法

1.ラベンダーオイルを利用する

ラベンダーは、安眠効果があることで知られていますが、抗炎症作用や鎮痛、消毒作用もあります。抗真菌効果もあるので、ニキビができやすい肌を清潔に保つこともできます。ラベンダーオイルは、そのまま使用すると刺激が強いので、アーモンドオイルなどのキャリアオイルにブレンドして薄めた状態で使用することをおすすめします。
また、ニキビの状態が酷い場合は、ラベンダーオイルを薄めずに綿棒に数滴付けて、患部をケアするとよいでしょう。

ラベンダー

2.洗顔方法を見直してみる

朝と夜の2回の洗顔が思春期ニキビをケアするコツとなります。
朝は、睡眠時に溜まった皮脂を洗顔がしっかりと落として、化粧水でたっぷりと保湿します。洗顔時に、力を入れてゴシゴシこすり洗いをすると、ニキビを悪化させてしまうことになりますので、優しく指の腹を使って洗顔します。しっかり泡を落としたら、フェイスタオルを使って優しく押さえるようにして顔を拭きます。
そして、夜の洗顔は、一日の汚れを落として、たっぷり保湿することがポイントです。泡立てネットでモコモコに泡立てた洗顔料で、優し撫でるように洗顔します。

泡

3.規則正しい生活をおくる

生活が不規則で、睡眠不足が続くと体の血行が悪くなり、肌への栄養がきちんと行き渡らなくなってしまいます。そうなると、肌のターンオーバーが乱れたり、ホルモンバランスが悪くなってニキビができやすくなってしまいます。寝ている間に、成長ホルモンが分泌されて、体の疲れや新陳代謝がよくなりますので、毎日しっかり睡眠時間を確保することが重要なのです。

寝起きがいい女性

4.おでこに刺激を与えない

髪が長いと、髪に付けたスタイリング剤がおでこや頬などに付いて、皮膚に不必要な刺激を与えることになり、ニキビの原因となってしまいます。ニキビが気になる時は、前髪を下げないか、前髪を長く伸ばしておでこに髪が触れないようにしましょう。

おでこ

5.メイクを控える

ファンデーションを厚塗りしてニキビを隠そうとしても、赤くポツっと発症するタイプの大人ニキビは、中々隠れません。しかも、毛穴にファンデーションや皮脂汚れが溜まって、ニキビが悪化してしまう原因にもなります。どうしてもファンデーションを使用したい場合は、肌に優しいミネラルファンデーションで薄く付ける程度にとどめておきましょう。

化粧でニキビ隠し

6.食べ物に気を付ける

脂っこいものや、甘いもの、インスタント食品の食べ過ぎは、ニキビを悪化させるだけでなく体重増加の原因にもなります。乳製品、発酵食品を中心とした栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。特に、腸内バランスに気を付けると、便秘からくる肌荒れを改善することができます。

偏った食事

7.生理前のホルモンバランスの乱れ

生理前になると、ホルモンバランスが乱れるほかに、血糖値が上昇しやすくなって、お菓子を食べたい衝動が強くなってしまいます。そういった場合は、血糖値が緩やかに上昇する低GI食品を意識して食べたり、満腹感を得られやすい寒天ゼリーや、おからクッキーなどを食べるようにしましょう。

生理痛

8.婦人科で相談してみる

生理前のニキビが酷い場合は、ホルモンバランスが関係しています。婦人科受診をして女性ホルモンの状態を確認してもらいましょう。低用量ピルの服用でニキビの症状を和らげることができます。

婦人科受診

9.皮膚科で診てもらう

ニキビ治療の新薬として過酸化ベンゾイルがあります。アクネ菌を殺菌したり、ニキビの炎症や皮脂分泌を抑える効果があります。過酸化ベンゾイルを入手するには、皮膚科での受診が必須となります。

過酸化ベンゾイル

まとめ

ニキビが発生する原因をしっておけば、的確にニキビケアをすることができますね。
今日からでも始めれることがあれば、行ってみてくださいね。

◎併せて読みたい

吹き出物とニキビの違いは?引き起こす原因を解明

◆VCOマイルドソープ(さくらの森)
もっちり泡が毛穴の汚れを落としてくれる。
洗い上がりもさっぱりもっちり!母乳と同じ天然成分で肌にやさしい。
ニキビ肌のあなたも、乾燥肌のあなたも、きっと感動する洗顔せっけんです。

スポンサーリンク