美白・美肌・病気予防の味方、ビタミンC

もうすっかり聞き慣れた、ビタミンC。

ビタミンCと聞くだけで、女性ならみんな摂取したいと思うはずです。ビタミンCは体にも美容にもなくてはならないものですね。このビタミンCを簡単に摂るにはどうすれば良いのでしょうか。ビタミンCの働きや、その効果をお伝えします。

ビタミンC

ビタミンCの働きと効果

ビタミンCの主な働きといえば、何と言っても、美容にいい面ですよね。

ビタミンCは、お肌の真皮成分を生み出している線維芽細胞が活発に働く手助けをします。この線維芽細胞は、私たちの肌のハリや弾力、潤いのもととなるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを作り出している源です。この働きが悪くなってくるとコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの生成が上手くできず肌のハリや弾力、潤いが失われていきます。

水溶性で高い抗酸化力を持っていることで、若々しい肌を保つことが出来ます。紫外線を浴びすぎるとコラーゲンがダメージをうけ、肌のたるみがでてくるのですが、ビタミンCはそのダメージを減らすといううれしい働きもあるのです。紫外線はメラニン色素を増やしますが、ビタミンCはこれらの生成をブロックするため、シミの沈着を防いでくれる働きがあります。

そのほかにも、ビタミンCは体の様々な場所で助けてくれています。不足すると、疲れを感じやすくなります。これはビタミンCの不足により免疫力が低下することで起きます。風邪をひきやすかったり、傷の治りが悪くなることもあるのです。

コラーゲン潤い

ビタミンC摂取のしかた

美容ドリンクに含まれているビタミンCは、L-アスコルビン酸と呼ばれているものです。白い色の結晶で酸味があり水によく溶けます。このL-アスコルビン酸は人の免疫力をアップしてくれたり、体の機能も高めてくれる、すぐれたビタミンです。ですから、病気予防など健康にはなくてはならないものです。そして美容のためにもとても必要なんです。

もちろんビタミンCは野菜や果物に、含まれています。ビタミンCが摂取出来る果物で一番ピンとくるのはレモンではないでしょうか。あと、みかんにアセロラ、またいちごにもビタミンCは含まれています。風邪を引いたりした時にレモンにハチミツを加え、お湯を足して飲んだりすると、早く治るといいますよね。免疫力に抜群の力を発揮するビタミンCは体の調子が悪い時、またストレスがあるときにぜひ摂取したいものです。 果物の他にもビタミンCを含む食品はあるんです。意外なことに、さつまいもやじゃがいもにもビタミンCは含まれています。

ビタミンCは熱に弱いので、果物など生で食べるには良いですが、熱を加えると摂取量が少なくなってしまいます。つまり、ビタミンCはとても壊れやすいものなんです。ビタミンCは水溶性で体の中には溜めておけないのも欠点のひとつです。一度にたくさん摂取しても、体から出てしまうので、分けて摂取するのが望ましいです。

男女共に1日100mgの摂取が目安となっています。毎日、果物や、ジュース、美容ドリンクで少しずつでも分けて摂取しましょう。先ほどの、さつまいもやじゃがいもなどのビタミンCはデンプンに守られているのでビタミンCが壊れにくいそうです。食事の1品でこれらを上手に使って摂取するといいかもしれません。

ビタミンCを多く含む食材

ビタミンC配合ドリンクの効果

美容ドリンクにはさまざまな肌に良い成分がたっぷり含まれています。ビタミンCは他の成分と一緒に摂取することによりさらに効果を発揮させます。

例えばコラーゲンと一緒に摂取することで、コラーゲンの生成が活発に行われます。またビタミンEと一緒に摂取すればいち早く活性酸素と結びつくことで、細胞の酸化を防ぐことができるのです。

ビタミンCは食後のほうが吸収しやすいと言われていますので、食後に摂りましょう。お手軽に摂取出来るのが魅力ですので、常備して上手に摂取してみましょう。そうすればもっと綺麗になること間違いなしのはずです。

スポンサーリンク