肌トラブルの原因、古い角質を除去するピーリングの効果

まず、ピーリングで取り除くべき古い角質が残ってしまう原因と、それが引き起こす肌トラブルについて解説します。ピーリングでそれらを解決できること、ピーリングは病院と自宅で行えることを説明し、ピーリングを行う際には自分の肌に合っているかどうかを調べることを注意点としてあげ、肌トラブルの解決にピーリングがオススメだと述べています。

ピーリング効果

角質が残ってしまうとお肌にとっては不健康

ピーリング、というものをご存知でしょうか?
ピーリングとは、古い角質を取り除いて肌を活性化させる美肌ケアの方法の一つです。このピーリングを実践されている方も多いのですが、そもそも、ピーリングを行う上で角質とは一体どのようなものかを理解しておくと、美肌効果の現れる納得の理由を知ることができます。

そもそも、古い角質が残ってしまうという現象は、年齢が上がれば上がる程起きやすいものです。私たちの皮膚はターンオーバーという新陳代謝によって、一定の周期で入れ替わっています。だいたい28日間の周期で古い角質ははがれおち、新しい角質に生まれ変わり、綺麗な肌を保てるようにしています。
しかし、この角質の入れ替わりが、年齢を重ねるごとにターンオーバーの時間が長くかかるようになってしまい、古い角質が残ってしまう時間が長くなるのです。また、ストレスや生活習慣などもこのターンオーバーの時間を長くしてしまう原因にもなります。
そもそも、剥がれ落ちるべき一番外側の角質層は外部からの刺激に強くなるように分厚くなっているのですが、肌へのストレスは、その分厚さをより酷くする原因にもなるのです。そして、古い物は汚れやすいものです。それは肌も、肌以外のものでも同じことで、肌の場合は、その汚れがシワ、たるみ、ニキビなどの原因にもなりますし、ニキビの跡や傷痕を残してしまい易くするのです。つまり、古い角質をそのまま放置しておくことはお肌のダメージの根本的な原因となってしまうことになるのです。

古い角質が引き起こすトラブル

  • シワ、たるみ
  • 毛穴の開き・黒ずみ
  • シミ、ニキビ跡
  • ニキビ
  • くすみ
  • 乾燥
  • 肌のゴワつき

古い角質を除去するピーリングの美肌効果とは?

ピーリングで古い角質を人為的に剥がすことにより、角質を常に新しい物へと入れ替えることになります。そのために起こる美肌効果はいくつかあります。
まず、お肌に残りやすいシミやニキビ跡、これらを予防することも、改善することもできます。これらは肌へのダメージが蓄積してしまったもので、原因としては紫外線などが考えられます。そのダメージはメラニンとして肌の角質に残るのですが、残っている角質、というのは基本的に古い角質です。ですので、古い角質を無くすことによって、シミなどを除去し、新しい綺麗な角質が肌の表面に出るようにすれば、それらは改善される、という訳です。また、同様の理由で、くすみを取り除くことも可能です。

次の効能としては、保湿効果です。お肌の保湿のために化粧水を利用される方も多いでしょう。ですが、古い角質は常に乾燥していて、しかも化粧水をしみこませないくらいに分厚くなっています。ですので、化粧水の保湿効果を十分に活用できていないことが多いのです。
古い角質を無くして、新しい角質に変えると、柔らかい肌が表面に出てきます。それらはまだ化粧水の効果を受けやすいので、化粧水の保湿効果を十分に活用することができるようになるのです。

次にしわたるみの改善です。表面に出ている古い角質は、いわば衰えた肌です。新しく生成される角質は若々しさを持っている肌、ということになりますので、ピーリングを行うことで、しわなどが付きにくい新しい肌を表面に出すことができ、小じわなどの予防もできるのです。

そして、角質が原因として起こるものに、毛穴の開きや黒ずみがあります。これは、毛穴に古い角質が落ちてしまうことが原因で、黒ずんでしまったり、皮脂や汗を出すために毛穴が勝手に開いてしまう、ということが起きてしまいます。もちろん、古い角質をピーリングで取り除けば、根本的な解決となるので、効果的だと言うことは一目瞭然でしょう。

また、古い角質はニキビの原因となるアクネ菌が繁殖していることがあります。20代以降の方のニキビは主にこのアクネ菌が原因ですので、繁殖してしまわないように古い角質を取り除いていくと、ニキビの予防が可能になるのです。

化粧水

ピーリングは自宅、または病院で行うことができる

ピーリングはお肌にとってかなり嬉しい効果を持っていることを説明しましたが、どうやって行うか、ということが気になっていると思います。ピーリングは自宅でも病院でも行うことが可能です。

まず、病院の場合ですが、酸などの薬剤を使って行われるケミカルピーリング、アルミニウムの微粒子を吹きかけるクリスタルピーリング、レーザーで古い角質を約レーザーピーリング、という三つの方法があります。どれも効果があるのは確実ですが、どうしてもお金が掛かってしまうのがデメリットです。だいたい一回5000円~1万円くらいまでのかかり、悪質な肌トラブルの場合は保険適応外になることが多いので注意しましょう。

自宅で行う場合は、ドラッグストアやバラエティショップなどの身近なところに売っている、ピーリング専用の石鹸、ジェルなどがあります。それらを購入して、使用用途をきちんと守って使えば、ピーリングを行うことができます。こちらは金銭的には病院で行う場合よりは少なくなりますが、含まれている成分によっては、日本人には刺激が強すぎる場合があります。
低刺激の成分にAHAという自然由来の成分がありますので、それを含んでいる商品を利用することをオススメします。

ケミカルピーリング

ピーリングを行う際は、肌の状態と肌質に気を付ける!

病院で行う場合、自宅で行う場合にも共通することですが、まず、ピーリングに向いていない肌質というものがあります。病院でピーリングを行うのならば、それらについては説明されると思いますし、合わなければ控えるように言われるでしょう。ただ、自宅で行う場合には合わないということを知らずにピーリングをしてしまうことがあります。
合わない肌質の方は、乾燥肌、敏感肌、皮膚が薄い方ですので、該当する場合はピーリングを行うことは控えた方がいいかもしれません。

肌トラブルの対策としてぜひピーリングを

これまで説明してきたように、ピーリングは多くの肌トラブルに対して効果的です。
予算があれば、病院で、無ければ市販のものを使用して、自分自身に合った成分を含んだものを使用し、長期的に行いましょう。
さらにピーリング後は、優しいお肌のケアと美容にいい食事、サプリメントや美容ドリンクで内と外からのケアが重要です。
つるつるお肌

◎併せて読みたい!!

キレイになりたい女性の味方!イチジクの3大美容効果!



10種類の美容成分が入った【いちじく美ジュレ】株式会社アコルドール

スポンサーリンク