非常に高い肌の保水能力を持つ、プロテオグリカン

近年話題のプロテオグリカン、保水力の高さで注目されています。
しかしかなり前から知られていたのに何故今話題になったのでしょう。
また、プロテオグリカンの持つ高い保水力とヒアルロン酸とコラーゲンとの関係性やそれ以外にも持っている美肌のための効果も多く今後注目の成分です。

プロテオグリカン

プロテオグリカンって知ってますか?

最近注目の新成分、プロテオグリカンご存知ですか。
保湿効果でおなじみのヒアルロン酸やコラーゲンの働きを大きくサポートしてくれる優れた美容成分です。

ではこのプロテオグリカンはどのようなものでどういった効果を持っているのでしょうか。プロテオグリカンとは糖タンパク質の一種でタンパク質とグリコサミノグリカンとの化合物です。構成しているグリコサミノグリカンとは糖類が結合してできた化合物で、このグリコサミノグリカンの構成する糖類の違いによってプロテオグリカンもいくつかのタイプに分かれています。

ヒトの体内にも存在し皮膚の真皮層には「ヴァーシンカン」、基底層には「パールカン」などがあり、軟骨組織には「アグリカン」が存在しています。それぞれ種類の違うグリコサミノグリカンがタンパク質と結合してできたプロテオグリカンです。

それぞれ皮膚に存在するプロテオグリカンは、保湿やハリと密接に関係し関節に存在するプロテオグリカンはクッションの役割を果たしています。しかし、何故近年になってプロテオグリカンが話題になってきたのでしょう。

実はプロテオグリカンの美容能力に関しては数十年前からわかっていました。牛の期間軟骨からの微量抽出物として生成していたようですが、抽出するための費用が莫大で1グラムで数千万円ほどかかっていたという話もあり、高額なために「幻の美容液」だったんです。
このように生成、抽出が難しかったためその存在自体が希少で一般流通するには至っていませんでした。

しかし、近年鮭の鼻軟骨からの簡易抽出法が低コスト開発されたため一般の流通が可能になりました。では注目の新成分プロテオグリカンの美肌への効果はどんなものなのでしょう。

プロテオグリカンが肌にもたらす効果とは?

プロテオグリカンの保水力

まず第一にプロテオグリカンはかなり高い保水力を有しています。保水力とは言えばヒアルロン酸を想像すると思いますが、プロテオグリカンヒアルロン酸の1.3倍もの保水力があると言われています。

また、プロテオグリカンには特殊な働きをする事がわかってきました。上皮細胞増殖因子(EGF)と呼ばれる働きと同様の能力を持っています。このEGFたんぱく質の一種で肌の生まれ変わりを促進する役割があり、肌の真皮層に存在する繊維芽細胞を増やしてくれます。

繊維芽細胞とはヒアルロン酸やコラーゲンを作ってくれる細胞で、繊維芽細胞が増えればヒアルロン酸やコラーゲンも増加するという事になります。結果的にプロテオグリカンがヒアルロン酸やコラーゲンを作り出す量を増加させ、それぞれが保水力を持つ物質ですから、肌の保水能力が大幅にアップします。また、コラーゲンは肌の骨組みとしての役割も足り担っていますのでプロテオグリカンでコラーゲンが増加すると肌のハリも大幅にアップします。プロテオグリカンには保水力、EGF以外にも美肌効果を持っています。

お肌の敵、老化に繋がるお肌の酸化を抑制する抗酸化作用や炎症を起こす細胞の生成を抑える炎症抑制作用も有しています。従来、体内ではサイトカインという炎症を抑えるタンパク質が分泌されているのですがこれと同じ役割をプロテオグリカンが補う事が出来ます。

また、通常口から摂取したものは胃袋の胃酸で消化してしまうのですが、プロテオグリカンは消化されずに小腸まで届きます。分子量の大きいプロテアグリカンは分子量の大きな物質を
吸収するための特別なメカニズム、エンドサイトーシスによって吸収されることになります。

その結果、プロテオグリカンは小腸で吸収されて身体全体に行きわたるという事にも大きな特徴があると言えるでしょう。化粧品以外にも色々と効果が期待されるプロテアグリカンですが、取り入れる事への身体への反応を考える方もいるでしょう。

取り入れた事で身体にマイナスになるような事、例えばアレルギー反応や副作用が起こるようであれば本来の目的がどうあれ全てが台無しになってしまいます。ただ、このプロテアグリカンは本来ヒトの体内に存在する物質です。ですから、後から飲料やサプリメントとして取り込んだとしても親和性も高いので、アレルギー反応や副作用の心配はほぼないと言っていいでしょう。

このように様々な面での可能性が期待できるプロテアグリカン、今後注目の成分の一つと考えていいでしょう。

プロテオグリカン配合ドリンク
白井田七。甕(かめ)さくらの森
プロテオグリカンがお肌に欠かせないヒアルロン酸やコラーゲンの働きを大きくサポート。
さらに熟成発酵黒酢や有機栽培の田七人参が女性ホルモンに働きかけ、めぐりをサポート。
朝からイキイキとしたあなたを蘇らせます。

スポンサーリンク