ホルモンバランスの乱れの原因を知って改善につなげよう

ホルモンバランスが乱れると様々な不調につながります。その根本原因は自律神経の乱れ、セロトニンの不足、卵巣疲れの3つであるといわれています。自律神経とセロトニン、卵巣は連動機能していますので、不調が長引くと3タイプ全ての症状が出てくるといわれています。そこで、改善を図って健やかな毎日を送れるようにしましょう。

女性ホルモン

女性ホルモンバランスのチェックをしよう

ホルモンバランスが乱れると様々な不調が出るといわれています。
その根本3つ原因は自律神経の乱れセロトニンの不足卵巣疲れといわれています。自律神経とセロトニンと卵巣は連動機能していますので、不調が長引くと3タイプ全ての症状が出てくるされています。
そこで不調をチェックし、何が原因でホルモンが乱れるのかを知っておきましょう。最も強く感じる項目のケアから行っていくと、スムーズに女性ホルモンのトラブル解消につながるといえます。タイプごとのセルフケアの方法が紹介されており、改善につなげてより健やかな毎日を送りましょう。

タイプ別の診断項目について知ろう

生理前の症状で、女性ホルモンが乱れる原因タイプを知ることができます。
このチェックは実際の生理前の時期に行ってみましょう。

【女性ホルモン力チェック】

生理前の状況を思い出してチェックをすると、思い出せないこともありますので、正確なタイプ別診断ができないこともあります。チェックした数が一番多いものが自身の女性ホルモンが乱れる原因になります。
まず、自律神経が乱れるタイプについては、身体がスムーズに動かなかったり、肩こりがひどくなったり、めまいや不安、手足の冷えや下痢になる、整理整頓が無性にしたくなる、アレルギー症状が出るといった項目が挙げられます。
次にセロトニンが不足して不調につながるタイプには、食欲増進と便秘、眠い、頭痛、のどの渇き、攻撃性が高まる、涙もろくなる、一人でいたい、などの項目が挙げられます。
そして、卵巣が疲れているタイプには、下腹が痛かったり張る、乳房が痛かったり張る、おりものが増える、にきびができる、むくむ、イライラする、腰が痛い、化粧のりが悪い、といった項目が挙げられています。
タイプ別に詳しく見ていきましょう!

自律神経が乱れる人は身体を温めよう

生理前に、肩こりやめまいなどがある場合、自律神経が乱れている可能性が高いといえます。このタイプの人は、ストレスで自律神経が乱れて、卵巣への指令が上手く伝わらず女性ホルモンの乱れにつながるのです。そうなると生理が重いと感じるようになってしまいます。普段から交感神経優位の生活を送っていることで血管や神経系に不調が出やすくなってしまうのが原因といえます。
そこで、入浴やマッサージなどでホルモンバランスを整えてあげましょう。副交感神経が優位になると、自然と女性ホルモンのバランスもよくなっていって改善につながっていくといえます。

入浴

脳内のセロトニン不足にはゆっくりの呼吸

脳内のセロトニンがもともと少ないという人は、生理前は体よりも気持ちの変化が見られるタイプといえます。セロトニンはノルアドレナリンやドーパミンと並んで、代表的な神経伝達物質の一つです。セロトニンは人間のメンタル面に影響力があって、心と体の安定や安らぎ感などにも関与している物質です。
そのため、セロトニンにはオキシトシンという別名があり、幸せのホルモンとも呼ばれているのです。セロトニンが不足してしまうとうつ病や不眠症といったメンタル不調につながりやすいといわれています。
このため、生理前に眠くなったり、気分が落ち込みがちになるのは女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が低下することとあわせて、脳内のセロトニンも低下すると考えられているのです。
更年期には、エストロゲン分泌量とセロトニン分泌量は低下する傾向にあるため、セロトニン不足の人でなくとも、年々不調が出やすくなるという点は指摘されたりもしています。気持ちが落ち込みやすくなったり、気分がふさぎがちになった時はセルフケアを行って、少しでも気持ちをコントロールすることがおすすめです。

セルフケアを行う時は呼吸に気をつけましょう。呼吸は姿勢が悪くなると浅くなりがちなので、姿勢を正しくして行いましょう。ゆっくり長めに肺から息を吐きだしながら、しっかりと空気を吐き出します。その後、ゆっくりと新しい空気を吸い込みます。体の隅々まで酸素が行きわたるように息を吸い込み、酸素を卵巣まで届けるイメージをもちましょう。そうなると、自然と卵巣の細胞のリズムも活性化されるような気持がしてそれが実際の卵巣の細胞リズムにつながるといえます。
また、ウォーキングやジョギングのようなリズミカルな運動もセロトニン活性化のために有効といわれます。週に2、3日くらいのペースで続けると、女性ホルモンもしだいに安定しやすくなっていくでしょう。

運動

卵巣疲れタイプには食生活を見直そう

卵巣が疲れてしまって不調が出るという人は、たんぱく質やビタミンEなどの栄養素を積極的に食事にとり入れるのも効果があるといわれます。卵巣疲れで女性ホルモンが乱れるてくると、むくみやイライラ、下腹部の張りが気になります。にきびも出るようになります。

このような卵巣疲れによる症状は、自律神経の乱れセロトニン不足からくる女性ホルモンの乱れが原因で起こることが多いとされていますので、自律神経やセロトニンをケアをすることで対処していきます。また、30代後半~50代くらいまでの女性なら、女性ホルモンを補う生活を心がけることも大切です。

食事バランスを整え、卵巣の新陳代謝を円滑する栄養分を積極的に摂取し、たんぱく質やビタミンEなどを積極的に摂りましょう。また、適度な有酸素運動も効果的です。

いちじく効果

◎併せて読みたい!
キレイになりたい女性の味方!イチジクの3大美容効果!

女性ホルモンを高める方法について知ろう

女性ホルモンバランスを整えることは生理前の不快感を軽減させるだけでなく、美しい肌や美しい髪、女性らしいスタイルなどの維持する上でもとても大切なことです。
イライラすることなどもホルモンバランスが乱れてしまうと症状がひどくなってしまいます。
女性は冷えるホルモンバランスが乱れるといわれていますので、冬の時期だけではなく夏の冷房も注意しましょう。しっかりと睡眠時間をとることも健全なホルモン分泌には大切なことです。また、ゆっくりとストレッチをしてみましょう。
ホルモン分泌は、1日の生活サイクルを整えることで改善が図れます。
それぞれ原因となるタイプが3種類挙げられましたが、自身がどのタイプで、どのようなことが原因なのかを知ることは、改善につなげる近道です。原因を知って元気な更年期を送りましょう。ホルモンバランスの変化

★あなたの女性ホルモンはどれくらい?

女性ホルモン力チェック!自分の不調タイプや原因を知ろう



10種類の美容成分が入った【いちじく美ジュレ】株式会社アコルドール

スポンサーリンク