下半身がなかなか痩せない理由は意外な所にあった?

頑張ってダイエットしてもなかなか痩せない下半身。
痩せにくいけど太りやすいから年齢と共にどんどんたくましくなってしまう・・
そんなお悩みを抱えた女性も多いのではないでしょうか。
なかなかしつこい下半身太りを何とかする方法のヒントは、その原因のひとつの股関節にあるのです。

下半身ダイエット

下半身ダイエットって?

ダイエットの効果があったのはいいけど、上半身ばかりが痩せて下半身がうまく痩せられないなんていう経験をした事はありませんか?
ただでさえ痩せにくくて肉がつきやすい下半身も、加齢と共にたるみも加わってさらに体型が崩れてしまうのは悩ましいところですね。毎日立ったり歩いたり、上半身よりもよっぽど多く動かしているはずの下半身は、どうして痩せにくいのだろうかと思ってしまいますが、実はいつも動かしているからこそ生じる原因があるのです。

パンツスタイルを楽しみたいけど、お腹やお尻まわりや太ももが気になってついつい体型隠しの洋服ばかりになってしまうという人も少なくありませんが、そんなお悩みも下半身を意識したダイエットで解消しちゃいましょう。

下半身太り

股関節と下半身ダイエットの関係

私達が立ったり歩いたりする時に大切な役割をしているのが股関節です。
人間の体には関節がたくさんありますが、股関節はその中でも最も大きな関節で、この部分が正常でないと毎日当たり前にできている動作がとたんにできなくなってしまうほど重要な部分です。
この股関節下半身太りには深い関係があります。股関節周辺には骨盤から下へと大きい筋肉があるので、毎日足腰を酷使する事で筋肉も疲労します。また同じ体勢をずっととり続けてしまう事でもやはり筋肉が弱くなったり凝り固まったりしてしまいます。
股関節は歪んでしまうとより一層その周辺の筋肉に負担をかけてしまいます。筋肉が凝ってしまうという事は血行が悪くなっている状態なので、リンパの流れも同時に悪くなってしまいます。そうすると、老廃物が滞留しやすくなってしまってむくみ脂肪太りに直結してしまいます。
このようにして下半身周りに脂肪がついてしまうと、血行やリンパの流れも悪いままなので、いくらダイエットをしても十分な効果を得る事ができずに下半身太りをキープしてしまう事になります。ですから効果的に下半身を細くするためには、まず股関節のケアから始める必要があるのです。

自分の股関節が歪んでいるかどうかを簡単にチェックする方法

  1. 姿勢がいい方ではない
  2. 座ると足を組んでしまう事が多い
  3. 正座よりも足を崩して座る方が多い
  4. スカートをはくといつの間にかズレてしまっている
  5. 立っていると足腰が痛くなる
  6. むくみやすい
  7. 便秘しやすい足を組む

これらの他にも色々とありますが、どれかひとつでも当てはまる事があるならば、もしかするとそれは股関節が歪んでいるサインかもしれません。体を動かすためにも重要な関節なので、痛みなど違和感や不調がある場合には早めの受診をおすすめします。

股関節の筋肉のコリは簡単なストレッチでケア!

  1. 仰向けでまっすぐに寝た状態で片足を抱えてお腹に近づけるイメージで引き上げます。
    ゆっくりと深呼吸しながら股関節が伸びる事を意識して、両足を交互にストレッチしましょう。
    股関節ストレッチ1
  2. 股関節を回すストレッチ
    仰向けに寝た状態で体をまっすぐにし、膝の裏が90度になるよう足を曲げた状態にして、ゆっくりと円を描くよう股関節を意識して大きく回します。
    両足を交互にストレッチしたら、最後は両足を揃えて曲げた状態で足を上げ、ゆっくり左右に倒します。
  3. 股関節を伸ばすストレッチ
    あぐらの体勢になって両足裏を合わせ、息を吐きながらゆっくりと前屈をします。
    腰を折り、お腹を足に近づける事を意識して無理のない範囲で何度かそれを繰り返します。

股関節のストレッチは、普段の生活ではとらないような体勢や姿勢で股関節を動かし、周辺の筋肉を柔らかくしたり縮んだ筋肉を伸ばしたりする事で血行を良くする効果があります。お風呂上がりの体が温まっている時などにストレッチをするとより効果的に股関節の歪みをケアする事ができますよ。

正しい姿勢がもたらすもの

歪んだ股関節をケアする事も大切ですが、毎日の生活の中で股関節を歪みにくくする動きを意識するのもまた大切な事です。
体の歪みは姿勢の悪さが大きく関係しています。気がつくと姿勢が悪くなっていると感じる事はありませんか?いつも姿勢が悪い状態で動いていると、体形はその姿勢に合わせて変化してしまいます。ですから、まずは正しい姿勢を意識して生活するように心がけましょう。
試しに1日そこを意識して生活してみると、思った以上に姿勢が悪くなっていた事に気がつくかもしれません。

正しい姿勢って?

正しい姿勢と言ってもなかなか自分ではわかりにくいかもしれません。そんな時簡単に姿勢をチェックできる方法があります。

まず、壁から10センチ程度離れてまっすぐに立ってみます。
この時意識するのは、違和感を感じないいつもの姿勢です。

このお尻が壁につかない人は猫背で、お尻はついても腰がつかないようであれば反り腰になっている可能性があります。どちらにしても正常な姿勢ではなく、骨盤が前後に傾いてしまっている状態で、下半身周りに肉が付きやすくなってしまいます。
もしセルフチェックして自分の姿勢が悪い事に気がついたなら、まずはその姿勢を直す事から始めましょう。頭の上から引っ張られているような感じでまっすぐと立って顎を引きます。鏡を見ながら正しい姿勢を確認したら、歩く時や座る時もそれを基準にして過ごしていましょう。

正しい姿勢

下半身太りの遺伝子

自分の体型と両親のどちらかの体型が似ていると感じる事もあるかもしれませんが、体型はある程度遺伝します
また日本人の多くは代謝が悪くむくみやすくて脂肪がつきやすいと言われています。遺伝的な要素があるので、同じ生活をしていても太りやすい人とそうでない人がいますが、体型を維持していくためには日常のケアがとても大切です。遺伝

まとめ

下半身太りは多くの女性の悩みですが、その原因のひとつである股関節の歪みをまずは直す事で、同じダイエットでもより効果を得る事ができるようになります。姿勢が良くなると気分も良くなり、見た目も美しくていいことだらけです。
まずは姿勢をチェックして、歪んだ股関節のケアを初めてみてはいかがですか?

スポンサーリンク