季節の変わり目、乾燥肌を蘇らせる保湿ケア!

乾燥肌

季節の変わり目と肌悩みについて知ろう

季節の変わり目になりました。紫外線にさらされる機会も減り、空気が乾燥し始める秋は、多くの人が肌トラブルを起こしやすい時期です。秋のお肌の悩みとして、肌のバリア力が低下してデリケートになってしまうことが挙げられます。
秋の肌は、夏に浴びた紫外線の影響でダメージが蓄積されています。そのまま放置しておくと乾燥が進行してしまい、くすみやしみの原因になってしまいます。スキンケアの基本をしっかりおさえ、洗顔後は必ずケアをするようにしましょう。余計なダメージを与えないためにも洗顔の方法にも気を配りましょう。また、朝晩に限らず日中も保湿ケアをすることがおすすめです。少しの乾燥でもお肌の調子が変化することがありますので、保湿ケアを念入りに行いましょう。
秋のうちは特に問題がなくても、冬になると一気にお肌の調子が崩れるということもよくあることです。そのため、秋のうちに、冬の乾燥にも耐えられるお肌をつくっておきたいところです。

乾燥肌

季節の変わり目にピッタリのお手入れとは?

では、季節の変わり目にトラブルなく健やかな肌を保つためにはどんなお手入れをすればいいのでしょうか?健やかな肌を保つためには保湿がとても重要なのです。乾燥を感じてからでは遅いといえますので、乾燥を感じ始める前から保湿をスタートして、できるだけ肌を乾燥させないようにしましょう。
保湿ゲルなどで肌の水分をしっかりと肌にキープさせることで、角質層が厚くなりすぎるのを防ぎましょう。角質層が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が低下したり、かゆみを感じやすくなったりもします。心あたりのある方は、肌が乾燥している状態かもしれません。
肌の表面にある角質層の水分量が低下すると、外部からの刺激や異物侵入を防ぐ肌バリア機能が働きにくくなります。そして、バリア機能が低下すると肌の水分もさらに蒸発しやすくなって、悪循環になってしまいます。
毛穴から分泌される皮脂による膜は、外部からの細菌やウイルスを防御する機能があります。しかし、角質層の水分が十分ないことで肌のバリア機能が低下してしまうと、皮脂の分泌も不安定になってしまいます。そうすると、皮脂膜による防衛能力も弱まって、感染症にかかりやすくなるのです。アトピーに悩む人の9割が何かしら感染症を併発してしまうのは、肌バリアと皮脂膜の機能が適切に働いていないと考えられるからなのです。
かゆみを知覚する神経は角質層より奥にある真皮層にありますが、角質層の乾燥と皮脂膜のマルファンクションで、防衛機能が十分機能しなくなると、かゆみの神経線維が角質層まで上ってくることが知られています。すると、ちょっとした刺激でもかゆみが生じやすくなるのです。このかゆみによって肌を掻きむしってしまえば、余計に肌は荒れますので、状態は悪化していきます。このかゆみの神経線維は、角質層に水分を与えることで真皮層まで戻ることもわかっていますので、保湿をすることで状態を改善することができるのです。
このように肌が乾燥してしまうと肌のコンディションをより悪化させてしまう悪循環に陥ってしまうといえるのです。
また、肌のバリア機能が低下すると、普段は浸み込むはずのない深さまで化粧水が浸透して刺激を感じてしまう人も多くいます。このような肌の状態下では、食塩水などの水溶液でも刺激を感じてしまうといえ、どんな化粧水を使ってもピリピリしてしまいます。つまり、刺激を感じるのは化粧水の問題ではなく肌の状態の問題といえるのです。しかし、乾燥状態になってから1週間ほど経過すると、角質層が厚くなって、肌のバリア機能がしっかりしてきて刺激に対して強くなってきます。これ自体は喜ばしいことですが、角質層が厚くなると、今度は肌の透明感が失われてくすんで見えるようになります。そのため、肌ケアは、角質層を厚くしないようにバランスを取りながら行っていくことも大切なのです。

秋の肌が乾燥する原因は夏の強い紫外線

秋は肌が乾燥しやすくなりますが、ではこのような乾燥はなぜ
起こってしまうのでしょうか。秋に肌が乾燥する主な原因は夏に浴びた紫外線によるダメージといわれています。夏が終わって涼しくなってくる頃、肌からツヤが失われたようなカサカサ感が生じる人が多くなります。これは、夏の強い紫外線の影響で、肌機能が不十分な細胞が増えて、角質層における保湿機能やバリア機能が低下してしまうことで起こる乾燥性の現象なのです。
また、秋になると空気も乾燥してきますので、さらに乾燥しやすい要因があります。例え、それほどカサカサした感じが肌に出ていなくても、将来の肌への影響を考えると秋にはよりお肌をいたわるようなお手入れを心がけることが大切といえます。

乾燥肌

肌本来の保湿作用をアップさせましょう

一日中乾燥した空気に包まれる秋は、肌本来の保湿機能を高めるお手入れが効果的です。
化粧水や美容液、保湿クリームなどの基本的なスキンケア化粧品にプラスして、洗顔などでも肌状態を健やかに保つようにしましょう。正しい洗顔はもちろんのこと、メイクなしでよい日は肌を休ませたり、メイクが必要ないときはすぐに落とすようにしたり、肌にダメージの少ない生活を送ることも大切です。洗顔後の肌はとかく乾燥しやすくなっており、洗顔後にはすぐに保湿ケアをしっかりとしましょう。
肌のお手入れを朝晩に限定する必要はなく、 乾燥からお肌を守るためには、一日中必要に応じてケアすることがポイントです。
出先でも化粧水や乳液などを携帯することで、肌の乾燥を感じたら補えるようにしておきましょう。夜ケアも、パックやスチームなどを利用して、贅沢なくらいの保湿ケアを心がけてあげましょう。そうすると、夏のダメージをカバーすることができて、冬の乾燥にも負けないお肌を目指せるといえます。
紫外線にさらされる機会も減って空気が乾燥し始める秋は、多くの人が肌トラブルを起こしやすい時期です。夏のダメージが蓄積されているこの季節の肌は疲れ気味ですので、とにかく保湿ケアを徹底することで肌を健やかに保つことが大切といえます。美容ドリンクもヒアルロン酸コラーゲンが配合されているものを摂って、外からと中からケアをしましょう!

保湿ケア

スポンサーリンク