入浴で疲労回復や肩こり改善!入浴がもたらすパワーとは

入浴はより良い睡眠による疲労回復や肩こりの改善、集中力を高めるのに効果的です。このような効果を更に高めるお風呂の入り方について説明します。
ただ、食後すぐに入浴すると内臓への負担が大きくなりますので、食後30分くらいたってから入浴をするようにしましょう。

入浴

入浴方法でもっと充実するお風呂

毎日入るお風呂ですが、実は入浴方法によってもっと充実する時間が過ごせるのです。また、お風呂に入る方法を工夫すると心地よい睡眠効果をもたらしたり、疲れた体を元気にする効果や血液循環を良くして集中力などを高める効果もあるのです。

そこで、このような効果を更に高めるお風呂の入り方について説明します。
一日の疲れをいやしてくれるお風呂は、基本はぬるめのお湯が効果が高くなるといわれています。温度は約38度から40度くらいが理想的です。

人間の体はホメオスタシスといわれる機能があって、身体を休める時には副交感神経の働きが優勢になります。副交感神経が優位になると体をリラックスさせる効果があるため、疲労回復効果も高くなるのです。
入浴時間は20分~30分くらいが理想的だといわれています。その間ずっと湯船に浸かっている必要はなく、湯船からでて石鹸などで体を洗ったり、シャンプーをし、また入るといったように交互にするというのがおすすめです。

入浴中はテレビを見たり、本を読んだり、音楽を聴いたり、血行を促進させるためにマッサージをしたりといったように、リラックスできることを工夫するのもお風呂の時間を充実させるために効果的です。

入浴は就寝予定時間の1時間半~3時間前に入ると、タイミング的にも副交感神経が優位になったままで布団に入ることができます。そうすると深い快適な眠りにつながりやすいと考えられています。入浴して温まった体の体温が適度に下がったところで布団に入ると寝つきもよくなって、気持ちよい眠りを得ることができます。

お風呂で音楽

疲労回復効果のあるお風呂の入り方

同じ入浴をする場合でも、入浴方法を工夫することで様々な効果が得られます。
例えば、疲労が蓄積している場合に疲れをとるという効果や、肩こりで悩んでいる場合などに肩こりを改善する効果、学習活動を行ったりする上で集中力をより高める効果といったように、普段のお風呂の入り方を工夫することで様々な効果が得られるのです。どんな効果を得たいかということで入浴方法は異なるのです。

例えば、疲労がたまってしまって疲れた体を回復したいといった場合には、全身浴半身浴を効果的に組み合わせることで、体を芯まで温めて疲労回復を促します。

全身浴は、肩までお湯の中に浸かるという入浴方法です。
本来の入浴方法ともいえますが、肩まで湯船につかることで、体を直接全体的に温めることができます。ただ、全身浴をした時の、体の表面にかかる水圧に着目すると、体には500㎏から1tと見積もられる水圧がかかっているといわれています。半身浴に比べるとこのような全身浴は体に負荷がかかる入浴方法だといえるのです。
しかし、体にかかる水圧が大きいため、血液やリンパ液を上半身に送る力が働き、静脈の流れが良くなります。そのことで、血液やリンパ液の循環も活発化するという健康上のメリットがあります。ただし、心臓にはより負担がかかりやすくなるのでのぼせやすくなって長くお湯につかることはあまり理想的でない状態になるので、この点がデメリットといえます。

それに対して、半身浴は下半身だけがお湯につかる状態で入浴する方法です。おへそから胸くらいまでの間にお湯高さがくるようにして入浴します。半身浴を行うと、下半身は温められ、上半身も発汗促進作用がありながら、心臓に負担がかからない理想的な入浴方法なのです。一見すると上半身がお湯から出ているので、体がしっかりと温まらないイメージがあるかもしれませんが、下半身だけをお湯につけることで、血液循環が活発化します。
そのことにより、上半身も活発な血液循環の影響で十分温かくなって、発汗作用が促進されるのです。心臓も含めた体の半分はお湯につかりませんので、水圧の影響も全身浴に比べると小さくなって、全身浴と比べると心臓に負担がかからないのです。このような理由で半身浴はより健康的な入浴法として注目されています。
疲労で疲れた体を回復したい場合には、このような全身浴と半身浴を組み合わせ、短時間で最初に全身浴をして全身を温め、血液循環を活発にさせます。
そして、その後に半身浴を行うことによって体に負担をかけずにじわじわと体の芯まで温めるのです。ぬるめの40℃以下のお湯につかることで、副交感神経の働きをより優位にし、心身をリラックスさせることで、入浴後に気持ちの良い睡眠を得ることができるようになるのです。睡眠をしっかりとった翌朝は疲労回復が起こり、すっきりと気持ちよく目覚めることが期待できます。

入浴による効果

①温熱により血行促進効果
②浮力によるリラックス効果
③水圧によるマッサージ効果

リラックス

肩こり改善と集中力を高める入り方

また、入浴には重い肩のこりを改善する効果もあります。
この場合、41℃くらいの熱めのお湯に全身浴でつかることがおすすめです。肩こりは、冷えや血行不良が原因と考えられていることもあり、全身をお湯につけることによって肩こり解消に適度な水圧を体にかかるようにすることができます。
そして、その効果で肩こりを解消します。また、全身浴を行うと、横隔膜の可動域が広がります。そうすると呼吸がしやすくなり、さらに熱めのお湯の効果もあって血流循環が促進されます。10分~15分位を目安に入浴し、ストレッチなどを行うとより効果的です。

そして、集中力を高めたい時には、朝などに42℃くらいの熱いお風呂にさっと入って交感神経を活発化させましょう。交感神経は昼間はたらいて、体を活動しやすい状態にする作用があります。交感神経を優位にすることで、集中力を高めることができます。だるさがとれて頭がすっきりし、活動的になることができます。
ただ、食後すぐに入浴すると、消化の観点から内臓への負担が大きくなりますので、食後30分くらいたってから入浴をするようにしましょう。

肩こり

スポンサーリンク