吹き出物とニキビの違いは?引き起こす原因を解明

ニキビと吹き出物はざ瘡(ざそう)とよばれます。
おでこや頬、顎や背中やお尻には吹き出物ができやす傾向があります。吹き出物の原因は不規則な食生活や、アルコールや塩分のとりすぎ、ビタミンB群が豊富に含まれている食品の不足などが挙げられます。原因を知ってしっかりと対策を取りましょう。ニキビが気になる女性

ニキビと吹き出物の違いとは?

ニキビと吹き出物は大体同じものです。どちらも医学的にはざ瘡(ざそう)とよばれます。
若いとニキビとよばれ、大人になると吹き出物という言い方をすると一般的に考えられています。しかし、年齢によってできやすい部分には傾向があるといわれますが、年齢に応じて呼び名を分けているというわけではありません

できる場所の違いって?

ニキビ(吹き出物)ができやすいのはおでこ背中お尻などです。

おでこにできる吹き出物は、前髪が主な原因となっているといわれています。おでこにかかる前髪が肌への刺激となってしまったり、整髪剤の成分によって肌トラブルが引き起こされてしまうといった原因があるので、前髪をカットしたり顔にかからないように工夫しましょう。
また、吹き出物はにもできやすい傾向があります。頬にできた吹き出物の原因は胃腸系の疲れといわれています。食べ過ぎたり飲みすぎたりするとよくありません。ストレスがあると口のまわりやあごなどにできやすくなるといわれます。

背中お尻にも出やすいといわれていますが、これらは手が届きにくい場所にあるので、洗いにくいということや流し足りないことが原因といわれています。ボディソープ―がきれいに流せないと吹き出物の原因になったりします。

背中ニキビ

気になるニキビ(吹き出物)の種類

体にでる吹き出物には、毛穴の中に皮脂が溜まることでできる白ニキビ黒ニキビや、毛穴とその周りに炎症が起こることでできる赤ニキビ、そして強い炎症作用で毛穴の中に膿がたまった黄色ニキビなどがあります。
これらは毛穴が詰まったことでできます。毛穴などから皮脂がうまく排出されずに起こるため、吹き出物対策には正しい洗顔法によって肌を清潔に保つことが大切になってきます。

ニキビの種類

ニキビ(吹き出物)原因と対策

吹き出物が出る原因としては肉食中心で不規則な食生活や、アルコールや塩分の摂りすぎ、レバー、納豆、うなぎ、乳製品などのビタミンB群が豊富な食品の不足などが挙げられます。
不規則な食生活が長く続くと胃腸への負担となり、吹き出物がでやすいのです。規則正しく、バランスよく食事を摂るようにしましょう。またサプリメントなどを利用するのも手軽でおすすめです。
しかし、精製された砂糖加工牛乳チョコレートなどは吹き出物をさらに悪化させてしまう食品といわれており、摂取する場合には気を付けるようにしましょう。
まず、精製された砂糖は血糖値を急激に上昇させます。そうすると吹き出物の原因にもなるホルモンを刺激することになっておすすめできません。また、ハーバード大学公共衛生科の研究によれば、牛乳は吹き出物の出現だけでなく悪化の原因にもなっているといわれます。加工牛乳を定期的に摂取することと出物の出現には直接的な関連性が証明されているそうです。
そして、チョコレートも血糖値を急上昇させるためおすすめできません。しかし、同じチョコレートでも、ミルクチョコレートではなく70%のダークチョコレート系の糖分も比較的少ないものは、抗酸化物質が豊富にふくまれていて抗炎症作用や吹き出物を抑える作用があるといわれます。

また、ストレスは吹き出物に関係していると考えられています。最近では生活環境の変化から若い世代の人にもあごの吹き出物で悩む人が増えてきました。強いストレスを感じると体内のホルモンバランスが乱れ、アンドロゲンというホルモンが分泌されます。
アンドロゲンが分泌されることで皮脂分泌量が増え、あごの毛穴が詰まってしまい吹き出物ができやすくなってしまうのです。あごは鼻などの毛穴と比べると小さいので、すぐに詰まってしまうと考えられているのです。そのため、ストレスはできるだけ解消するようにすることが大切です。

肌が気になる女性

まとめ

このように、ニキビと吹き出物は大体同じものです。吹き出物ができやすいのはおでこや頬、顎や背中やお尻です。前髪が肌への刺激となって毛穴が詰まってできたり、胃腸が弱かったり、洗い残しが主な原因となってできたりしています。
吹き出物の原因は肉食中心で不規則な食生活や、アルコールや塩分のとりすぎ、レバーなどのビタミンB群が豊富に含まれている食品の不足などが挙げられます。胃腸への負担があると吹き出物がでやすいので、規則正しく、バランスよく食事を摂ることが重要です。また手軽なサプリメントなどを利用するのもおすすめです。
逆に、精製糖や加工牛乳やチョコレートなどを摂りすぎたりすると吹き出物をさらに悪化させてしまいますので気をつけましょう。また、ストレスは吹き出物に関係します。ストレスはできるだけ解消するようにすることが重要です。

スポンサーリンク