夏こそ冷え性対策を!東洋医学流の冷え性改善方法

夏に冷たいモノを過剰に摂取すると冷え性の原因になります。冷え性を改善する為には東洋医学においては夏に陽気を高めておく必要があると言われています。自宅で簡単に出来る方法としてはスパイスでもあり生薬でもある生姜とシナモンを摂取して内側から血行を良くすることです。

夏こそ冷え性対策

あなたのその食事が冷え性を招く原因かも!?

梅雨が明けると次にするのが暑い夏です。
近年は非常に温度が高い猛暑が続き熱中症対策が求められています。そんな時についつい欲しくなるのがかき氷、アイスクリーム、氷を入れた冷たいドリンクです。その他にもそうめん、冷奴、ガンガンに冷やしたビールがとても美味しい季節と言えます。

ですが注意して下さい!ここで確認しておきたいのが貴方が冷え性かどうかです。

冷えたドリンクや体を冷やす食べ物が原因で冷え性に

知らない人も多いかもしれませんが、夏に冷たいドリンクや食べ物を摂取すると冷え性になる恐れがあります。
東洋医学においては人の体は季節、環境に適応し暑い季節は体内の陽気がアップし気が充満しています。そして秋冬の寒い季節に対応できるように準備を行なっているのです。多少なら陽気が上がり過ぎない様に夏にも適量なら冷たいモノを摂取するのはいい事ですが、過剰摂取は陽気を失う原因となり、その結果寒い季節に冷え性といった形で出てくるのです。

カラダを冷やす食べ物

夏こそ冷え性を改善するいい機会と心得ましょう

手足が冷たくなると、何か温かいモノに触れて寒さを緩和させようとします。
そんな風に寒い時期より、外気の温度が高い季節の方が冷え症を改善するのに適しています。

要するに夏こそ冷え性を治すのに最適の季節ということが出来ます。それは大昔から存在する東洋医学の「冬病夏治(とうびょうかじ)」と呼ばれる治療法の一種で自然の環境を活用し治療効率を上げる方法です。

冷え性の他にも冬に悪化する傾向がある喘息、気管支炎、関節リウマチ、冬季乾燥型アトピー皮膚炎、アレルギー性鼻炎といった症状に対しても夏に改善することをお勧めします。

体調を改善するなら夏

少し足すことによって冷え性を改善する方法

冬病夏治(とうびょうかじ)というのは医師が患者の体調や体質に適した漢方薬を調合したり、外用薬により治療を行なう方法ですが、ここでは家で簡単に行なうことが出来る冷え性の改善方法を紹介していきます。
まずは自宅に存在する調味料を使用する方法からです。スパイスに使用する生姜、コショウ、山椒、花椒、シナモン、クミンシード、ナツメグ、クローブ、フェンネル、八角、カルダモンといったモノが冷え性の改善に効果があります。

今紹介したのは薬効があるスパイスなので、どれも体を温めてることで陽気が上昇するのをサポートしてくれます。その中でも特に効果が高いのが生姜、山椒、シナモン、フェンネルで、「温裏薬(おんりやく)」に分類されている生薬です。ちなみに温裏というのは、陽気をアップし、寒邪を失くすことにより、全身、もしくは部分的に血行をよくして、代謝機能をアップし体内から冷えを改善する方法です。

シナモン

スパイスの中でも生姜とシナモンが効果が高い

生姜、シナモンは大抵のスーパーなどで販売している比較的入手しやすいスパイスで、日常的に食事に使いやすいのも特徴でお勧めできます。冷え性の症状である腹部の冷え、嘔吐、下痢がある人には生姜がイチオシです。腹部の冷え、腰の冷えや痛みがある人にはシナモンがお勧めと言えます。使用する時に気をつけて欲しい点は少しづつ継続して使用することです。1日の中で朝から昼頃の間に摂取するのが最も効率的な方法だと言えます。中でも生姜は夜に摂取するのは避けて下さい。

夏にしっかりと陽気を養って血行をよくしておくと、冬に冷え性でツライ思いをせずに済みます。頑固な冷え性の人は血液不足が原因かもしれないので、漢方素材であるアキョウをスパイスを共に摂取するように心がけて下さい。さらにスパイスは冷え性の改善効果だけではなく美容効果、腸内環境の改善の効果も期待できるので基礎代謝が高まりダイエット効果もあります。冷え症を改善し健康的にキレイになることを目指し夏の間に努力してみて下さい。

生姜とシナモン

スポンサーリンク