小豆水でダイエット!?女性にうれしい効果がたくさん

小豆水ダイエットは小豆で気軽にできる新しいダイエット方法です。美容効果や健康効果もあって、小豆の利尿作用や、美肌効果、貧血予防、便秘解消などなど女性にとってうれしい効果があるのです。あずき水は手作りすることができますのでぜひ作ってみましょう。味が独特なため、飲みにくい時はあずき茶を飲むのもおすすめです。

小豆水ダイエット

韓国や台湾で話題の小豆水って?

小豆水ダイエットは今韓国や台湾で話題になっているダイエットです。
あんこや赤飯に使われているあの小豆です。小豆にビタミンB1やカリウムなどの栄養が豊富に含まれていて、利尿作用や新陳代謝促進効果などもあるのです。韓国アイドルが激やせして話題になりましたが、とてもスリムになっていました。しかも、痩せにくい脚のダイエットに成功しているなんて羨ましい限りです。そこで今回は小豆水ダイエットの方法や効果を紹介します。
小豆ダイエットはどこにでもある小豆で気軽にできるダイエット方法です。日本ではだんだんと定着してきたとはいえまだ新しいダイエット方法です。美容効果健康効果もあって、砂糖を使わずに作ります。
小豆水に含まれているサポニンカリウムによって、体内の余分な塩分を排出できるという利尿作用効果がありますので、むくみやすい人はむくみの改善が期待できてうれしいですね。しかしその反面、トイレいきたくなりますので飲むのは寝る2時間前くらいに飲むといいといえます。
また、小豆に豊富に含まれている食物繊維が、便秘の改善や便秘の予防をしてくれます。
その際、食物繊維だけを取ると便秘解消の効果が現れにくいので水分もしっかりと摂りましょう。また、便秘解消によって腸内環境が整ったり、美肌効果もあるのです。さらに、食物繊維がお腹の中で膨らんで満腹感が出るので食欲の抑制につながり、ダイエット効果もあります。
小豆にはさらに「鉄分」と「タンパク質」も含まれていて貧血予防に効果的で、血の巡りもよくなりますので体が温まりやすくなり、新陳代謝もよくなります。代謝が良くなると脂肪を燃やしやすい体質になってダイエット効果もあります。

小豆水

小豆の持つとてもうれしい栄養効果

小豆にはビタミンB1、ビタミンB2、ポリフェノールなどのたいへん多くの栄養成分が含まれています。
例えば、ビタミンB1にはだるさや疲れを和らげる効果があり、ビタミンB2には体の炎症を抑える抗炎症効果があり、口内炎などの粘膜の炎症を改善することが期待できます。また、ポリフェノールには活性酸素除去作用があるのであの老化やがんの原因物質である活性酸素を体から排除して、細胞を守ってくれる効果があります。また、怪我をしたときなどに回復を早める作用がある亜鉛も含まれています。亜鉛は女性ホルモンの安定化にも効果的な成分で、生理不順不妊の女性にもお勧めの栄養素です。さらに、髪の毛を成長させる成分でもあり、髪の毛にハリやコシがなくなってきた場合などにも摂取することをおすすめするミネラル分です。
そして、不足すると貧血やめまいになりやすくなるといわれる鉄分も含まれています。鉄分は赤血球に必要な成分で、血の巡りを改善する作用もあり、女性は特に積極的に取りたい成分です。また、カリウムアントシアニンサポニンなどの栄養分も豊富です。カリウムは体内の余分な塩分を排出する効果があり、むくみ解消などに効果的です。また、アントシアニンは植物色素で、どろどろの血液をサラサラにしてくれる効果があります。サポニンは便秘改善に効果的な成分でむくみの防止にも役立つ栄養素です。

うれしい効果

さっそく作ってみよう、小豆水の作り方

小豆水を手作りすることができますので紹介します。
少し手間はかかりますが、栄養たっぷりの小豆水はダイエット効果だけでなくとても美容効果の高い水ですのでがんばってみましょう。

【作り方】
まず、小豆を水で洗いましょう。次に水に浸して10時間つけおいておきます。水は小豆1gに対して15gの水で計算して測って下さい。そのため、小豆が80gなら1200gになります。次に、10時間つけた小豆と一緒に入れておいた水を強火で2~3分間沸騰させます。沸騰したら30分ほど茹でます。この時、こまめにアクを取って下さい。そうすると澄んだ味のする小豆水ができ、美味しくなります。30分程茹でたらしっかりと冷ましましょう。冷ました後は容器に移して冷蔵庫で保存し、好きな時に飲みましょう。
食事の30分前に150から200mlを飲むようにするとよいでしょう。

小豆水を利用する時の大切なポイント

小豆は痛みやすいため、あまり沢山の小豆水を一度に作っておくと、フレッシュさがなくなってしまいます。そのため、作るときは2。3日分くらいをまとめるといいといえます。また、できれば毎回その日の分だけを作るのが一番新鮮でおすすめです。また、飲み過ぎるとお通じがよくなりすぎますので1日3杯から5回杯くらいを目安に飲みましょう。
また、栄養たっぷりの小豆水ですが、一つでメリットがあるとすれば、味がちょっと飲みにくいのです。でも心配ありません、あずき茶というお茶も出ていますので、こちらを利用するのも一つです。

ダイエット効果

小豆水ダイエットについてのまとめ

小豆水ダイエットはどこにでもある小豆で気軽にできるダイエット方法で、日本ではまだ新しいダイエット方法です。美容効果や健康効果もあって、小豆の利尿作用や、肌が美しくなる美肌効果、貧血予防、便秘解消などなど女性にとってうれしい効果がギュッと詰まっています。
あずき水は手作りすることができますので、2,3日ごとに作って飲むのもおすすめです。毎日作れるのであればがんばって作ってみましょう。小豆水は飲みすぎるとお通じがよくなりすぎますので、その点は注意しましょう。
また、味が独特なため、飲みにくいという場合には市販のあずき茶を飲むのもおすすめです。

スポンサーリンク