シミやシワを作らない!知っておきたい日焼け止めの選び方

日本ではSPFの上限は50と設定されていますが、それでも肌への負担は大きいと言えます。効果的にはSPF10とSPF50はさほど違いはありません。なのでSPF値が低い日焼け止めをマメに塗りなおす方が肌への負担は少なく紫外線の予防としても効果的です。

SPF

使用している日焼け止めの選び方は間違っていないか?

まもなく夏本番がやってきます。夏と言えば楽しい事が沢山存在しますが、その反面紫外線が1年で最も厳しい季節とも言うことが出来ます。貴方は日焼け止めはどんな基準で選択していますか?

近年はSPF、PAの数値を比較して選択する人が増加傾向にあります。ちなみにSPFとはUV-Bの事で表皮細胞に刺激を与えて肌に炎症を起こすことでシミやそばかすの原因となります。
PAとはUV-Aの事で真皮層まで光が侵入することでコラーゲンを破壊してシワの原因となります。基本SPF1は紫外線B波をカットし20分くらい日焼けを予防してくれます。

さらにPAだと紫外線A波より肌を守る効果があります。だからSPF50の方が効果が高いからと通年でSPF50を使用し続けPA値も++++と4つ記載がある日焼け止めクリームを使う人が少なくありません。

日焼け止め

SPFの上限は50と設定されています!

店舗で実際に販売されている日焼け止めはSPF50が一般的です。
すがSPF50PA++++は安全と言えるのでしょうか。現代社会においては日本化粧品工業連合会はSPFの上限を50に設定しています。それを超えると肌へのダメージが大きいのが理由です。

15年間利用者の素肌を確認しSPFの数値が高い日焼け止めを使用している方が敏感肌、肌トラブル、炎症になっている人が多いと言えます。
さらにSPF10とSPF50に関しては実はさほど効果に違いはないのです。

一般常識として既に紹介しましたがSPF1は20分SPF50だと16時間日焼けを予防することが出来ます。しかしそれは本当なのでしょうか?

SPF50の注意書きには2時間~3時間くらいで塗り直すように記載があります。つまりSPF50を使用すれば16時間平気、長時間対応が可能だから塗り直す必要がないと認識しているのが最も危険です。

分かりやすい例を挙げると紫外線が最も強く紫外線量が日本の7倍であるオーストラリアではSPF30の商品しか販売していません。その訳はSPF50であっても30であっても効果は同じで数値が高ければそれだけ肌へのダメージが大きいからです。さらに塗りなおすことをしないと皮膚ガンのリスクが高まり、法律で30以上の数値の日焼け止めを販売するのを禁止しています。

紫外線2

使用している日焼け止めはシミ原因である可能性は?

日焼け止めを使用するのは紫外線による肌のダメージでシミやシワが出来るのを予防する為です。ですが汗をかき日焼け止めが流れてしまった結果として、肌に紫外線が当たってしまいます。さらにSPFの数値が高い方が油分、アルコール、紫外線吸収剤、散乱剤といったいろいろな化学成分が沢山使用している分肌へのダメージが大きくなるのです。

さらに半日程で皮脂の汚れと日焼け止めクリームが混じり酸化します。そうなると炎症、乾燥といった肌トラブルの原因になります。肌荒れ、炎症、乾燥している状態では角質が乱れて色素沈着によりシミが出来てしまいます。さら肌の水分が減少しシワが出来て肌が老化してしまうのです。

日焼け止めをマメに塗りなおさないことにより、SPFの数値が高い日焼け止めを使用している方がシミやシワ対策ではなく逆にシミ、シワを作っている状態となってしまいます。15年間カウンセリングをした結果SPF値の高い日焼け止めを通年使っている人の方がシミやシワが多いと言えます。

日焼け止めを選択する基準は何か?

既にご理解頂いていると思いますが、日焼け止めはマメに塗りなおす必要があります。

  • SPF値の高いモノを使い塗りなおさない
  • SPF値の低いモノを使い塗りなおさない
  • SPF値の高いモノを使い塗りなおす
  • SPF値の低いモノを使い塗りなおす

の中ではどれが1番肌にいいと思いますか?低いモノを使い塗りなおさないか低いモノを使い塗りなおすで、当然低いモノを使って塗りなおすのが最もいいと言えます。

その理由はSPF値の高いモノを塗りなおさないと日焼け止めのダメージと紫外線のWのダメージでシミが出来てしまいます。SPF値の低いモノを使い塗りなおさない場合は日焼け止めのダメージは少なくても紫外線のダメージでシミがが出来ます。
SPF値の高いモノを使い塗りなおすと紫外線のダメージは予防できますが日焼け止めが肌へのダメージとなりシミがは出来てしまいます。
SPF値の低いモノを使用し塗りなおすことで日焼け止めと紫外線の両方のダメージを予防することが出来るのでシミが出来にくいと言えます。

紫外線

生活環境により使用するSPFを変える

それならSPF値はどれを選べばいいのでしょう?
最初に生活環境に適したSPF値を選ぶことが大切です。基本知識では日常生活においてはSPF5から8で十分と言えます。軽い屋外活動ならSPF8~12野外でのスポーツ、海水浴SPF15~28、熱帯地方におけるアウトドア、ダイビングSPF30となります。

知っておきたい日焼け止めを選択する基準!

これだけは知っておいて欲しい日焼け止めを選ぶ基準としてはSPFの数値15以下の低い商品を選択しきちんと塗りなおすことが重要です。
石油系鉱物油不使用、無香料、合成着色料、オキシベンゾン、アルコールがあまり使用されていない肌へのダメージが少ない日焼け止めを選びましょう。日焼け止めを買う際に二の腕に塗りコーティング力と皮膚呼吸が可能かを確認した上で購入しましょう。基本的に専用のクレンジングがなくても落ちる日焼け止めを選んで下さい。肌のキメに入り込んだ場合でも肌が乾燥しないモノを選ぶようにしましょう。

紫外線対策

※アウトドアやレジャーで塗りなおしが出来ない場面では数値が低い日焼け止めを塗り、紫外線カット用のパウダーを使用しましょう。パウダータイプの商品はさほど肌に浸透しないから肌へのダメージを抑えることが出来ます。さらにパウダーは酸化から肌を守る働きがあります。あと塗りなおしが簡単に出来るのもメリットです。クリームだと紫外線で酸化し肌へのダメージが大きいと言えます。

◎併せて読みたい!
うっかり日焼けは72時間が境界線!適切な対処法とは?

美肌を取り戻す!トマトの持つ8つのミラクルパワーを知ろう!

スポンサーリンク