更年期うつの特徴と原因・治療方法について

更年期とは、閉経前後の約5年くらいの期間のことをいい、45歳から55歳くらいの時期のことをいいます。更年期は女性ホルモンの分泌量が大きく変化するため、ほてりやイライラなどの症状に悩まされる女性も多くいます。そして、ひどい場合にはうつの症状が発症するなど、深刻な状況になる人もいます。このような更年期の症状は個人差が大きく、人によって大きく異なり、ほとんど症状が発症しない人も、重い症状に悩む人もいます。そのため、不安感や気分の落差が大きく、やる気がでない、夜眠れないといったことが深刻な場合には病院を受診することが重要になります。

更年期

更年期うつと更年期障害について

更年期うつは、卵胞ホルモンのエストロゲン分泌量が変化することで更年期特有のほてりだるさ、めまい、不安、食欲不振などの症状が発症しやすくなります。

そこに、自身の周りの環境の変化によって引き起こされる精神的な要素が重なって起こると考えられています。親の介護や子どもの独立、自身の老い、将来に対する不安などのような環境面や精神面での要素です。これらのことが重なってうつ病が発症してしまうといわれています。
しかし、このようなことは更年期障害にも見られ、その原因が更年期特有の症状からきているのか、精神面での不調が原因となって起こっているのかについてはなかなか判断がつきにくく、はっきりと原因が特定しにくいとされています。
更年期障害の症状の深刻さについては個人差がありますので、放っておいても治まってしまう人もいれば、深刻な症状になってしまう人もいるのです。そのため、更年期障害更年期うつも、症状改善のためには、たとえ原因が分からなくても悩んでいる人は更年期外来や婦人科を受診することをおすすめします。

暑がる女性

更年期うつの代表的な治療法について

更年期うつの治療方法にはホルモン補充療法(HRT)や心理療法、漢方療法などがあります。

ホルモン補充療法はエストロゲンという女性ホルモンを飲み薬や塗り薬、貼り薬で補充することで女性ホルモンを補う治療方法で、健康保険も適用されます。ホルモン補充療法は、更年期症状や更年期障害を治療するために、閉経前後になって体内で不足してきたエストロゲンを補充します。
のぼせ、ほてりなどのホットフラッシュを改善し、睡眠障害、寝汗、関節痛などを和らげたり、抑うつ症状の改善を図ったり、骨密度を増加させたりするといったメリットがあります。しかし、乳がんや子宮体がんはエストロゲンと関わりがあり、乳がんや子宮体がんになった人はこの療法を受けることはできないという制約があります。
また副作用として、女性器からの不正出血がある場合などもありますが、更年期の症状を改善するという点で有効な治療法と考えられており、費用は3000円くらいで治療を行うことができるようになっています。

病院によっては、更年期障害の治療に漢方療法を取り入れているところもあります。
また、漢方療法は東洋医学の考え方に基づいて、漢方を用いて自然治癒力を高め、症状を改善を行うという治療法です。漢方療法ホルモン補充療法組み合わせて行われることが多く、冷え性で貧血傾向のある人に用いられる帰芍薬散エキスなどが用いられています。
疲労感や貧血、冷え、頭痛やホットフラッシュ系の症状改善など、更年期障害にともなう症状などを和らげる作用がある漢方薬が用いられています。漢方は昔から用いられてきたため副作用が気になる場合でも、比較的安心して服用できるという点でも、幅広い症状に対して処方されています。費用は1カ月当たり4500円くらいとなっています。

心理療法は、体に現れた症状に対処する上記の2つの治療法と異なり、精神面に現れた症状に対処する治療法です。患者の心の中の緊張感を解くことを中心に、薬によらず、医師が患者の話を聞くなどすることを通して自律神経を安定させ、気持ちを前向きな状態にすることを目的として行われます。

更年期になって現れる症状には個人差があり、自分だけで抱え込む性格の人や一人で思い悩む傾向のある人、過度の心配を常に抱えてしまいがちな人にとっては、解決法をアドバイスしてもらったり、心の緊張を解きほぐしてもらえるという心療内科などで行われている治療を受診することで変化が現れる場合もあります。
強いイライラ感や過度の心配性などで悩んでいる人にとって、心理療法は悩みなどから発生する緊張感を和らげるという意味でも有効な治療法だと考えられています。

漢方

男女に起こる更年期に発症するうつ

更年期に発症するうつはうつと同じような症状です。
45歳くらいから55歳の更年期に発症する点でうつと区別されていますが、単なる更年期障害による症状と思わず、辛い思いを抱えている場合は病院を受診することをおすすめします。

更年期障害は女性だけの症状ではなく、男性にも現れます。男性の場合には男性ホルモンの分泌量の減少による身体的な変化が原因となり、そこに仕事上や家庭でおこるストレスなどが重なって更年期うつが発症すると考えられています。症状は女性の場合と共通していることも多く、イライラや不安や不眠などの自覚症状がある場合には男性更年期専門外来を訪れることをおすすめします。

更年期の症状はその人の性格や周囲の環境など、個人差も大きく、人によって異なっています。ほとんど症状が発症しない人もいれば、重い症状に悩む人もいます。そのため、深刻な症状を抱えている場合には病院を受診することをおすすめします。

専門医



スポンサーリンク