更年期障害って一体なに? その原因と5つの特徴

更年期 女性

更年期障害について、なぜ起こってしまうのか何が関わっているのかについて概要を示し、その後症状について解説します。また、診断を受ける際には厳しいチェックがあることや、治療法としてカウンセリングや薬剤療法があることを紹介します。また、最大の治療、予防には自身のこれからの人生を見直すことが大切だと述べています。

更年期障害とは何なのか、いったいどうしておこるのか

更年期障害とは、その名のごとく、更年期に入ってから起こる種々の症状によって日常生活に支障が生じ始めた状態のことです。
更年期は閉経を挟んだ前後10年間にあたり、大体45歳~55歳の間に起こることが多いでしょう。更年期障害の原因は、加齢とそれによってエストロゲンの分泌が低下することです。簡単に言ってしまうと、女性ホルモンのバランスが悪くなったせいで生じてしまう自律神経の失調症状が更年期障害と言われるものに当たります。閉経までは子宮が安定してエストロゲンを分泌していたのですが、加齢とともに分泌が上手くいかなくなり、それでも脳がエストロゲンの分泌を求めているせいで、自律神経に異常をきたしてしまう、というのが簡単な概要です。

更年期

更年期障害のたくさんある症状について

エストロゲンは、生殖器はもちろんのこと、皮膚、神経、血管、骨、脳と言った体中の様々な部分に影響をもたらしています。
女性の美容などに関することでもエストロゲンは重要な役割を担っており、女性らしい体つきを作っていました。ですので、エストロゲンは女性にとっては無くてはならないホルモンなのです。それが不足してしまうのですから、これまで通りの体つきを維持しようとする脳の指示に、体の機能が追いつかなくなり、症状として現れてしまいます。しかもその症状はたくさんあります。典型的なものはホット・フラッシュと呼ばれ、血管運動神経症状として、ほてり、発汗、のぼせ、と言った体温を上昇させてしまうものです。
これが発作として現れてはすぐに収まり暫くするとまた発作としては現れ、というのを繰り返すので、非常に厄介です。その上、時間が経つとともにそれらが起こる間隔が短くなったり、発作時間が長くなったりするので、長期化すればするほど発作が苦しくなり、酷く苦しめられることになるでしょう。
また、このような症状は20代~30代にも起こりうるのです。プチ更年期とも言われますが、主な原因は全く同じです。しかし、加齢によるホルモンバランスの崩壊ではなく、ストレスや生活習慣の乱れが原因となるので、それらをきちんとコントロールできるようになれば、プチ更年期は治すことができるでしょう。しかし、本格的な更年期障害を治すのはそう簡単にはいきません。また、不定愁訴といい、自覚症状はあるものの、体のどこに症状が現れるかがバラバラで、しかも天候や精神的な影響により、程度や発生頻度が変わってしまう症状もあります。これらは鬱などの原因ともなるので非常に厄介です。

更年期障害の診断方法はいったいどのようなものか

更年期障害を診断してもらう際には、そのほかに不定愁訴を起こす様な原因となる病気は無いか、生活習慣病などの疾患を抱えていないかを、まずしっかりと検査されます。
それらが原因だと、更年期障害を患っているかどうかの判断が難しいのです。無事にそれをパスすることができれば、いくつかの条件に当てはまれば、更年期障害だと診断されます。

更年期の5つの特徴

  1. 更年期障害の当てはまる年齢であること閉経の前後10歳あたりであること
  2. 月経が不順か閉経している、または子宮を摘出していることです。
  3. 多岐にわたる発作が不定期に起こっていることです。
  4. ホットフラッシュなどの症状が現れていること。
  5. 憂鬱や不安、イライラなどの精神神経症状が訴えられていること。

    以上のことに当てはまれば、まず更年期障害と診断されることは間違いありません。また、これ以外にも細かな症状がどのようなものかを、シートに回答するというような方法で検証するというようなやり方もあります。そのようなシートに記入されていることはネットなどで調べればすぐに出てくるものですので、一度試してみるといいかもしれません。

更年期障害を治療するにはどうすればいいか

更年期障害の治療は、医者やカウンセラーに相談することがまず必須です。
なかなか言い辛いことかもしれませんが、それが何よりの近道ですので、しっかりと産婦人科やその手の専門家の方に症状が現れている事を伝えましょう。もしも重大な疾患が無いのであれば治療はできるはずです。
まず、治療法としてはカウンセリングがあります。それだけで効果があるのか、と思われるかもしれませんが、若い人の更年期障害が起こるときの原因にストレスを挙げていたように、更年期障害が始まってから随分とストレスを溜めてしまい、それが原因で症状が悪化してしまった、という人もいらっしゃるのです。きちんと言葉で自身の苦痛を人に伝えるということは、精神的な不安も取り除くことができますし、ストレス解消にもぴったりです。最近は専用の外来を設けている病院もあるので、なかなか打ち明けられる人がいないのであれば試してみるといいでしょう。次に、オーソドックスな薬剤治療です。ホットフラッシュなどには、ホルモン剤を飲む治療法が一般的で、効果があるとされています。また、漢方薬や精神安定剤なども十分な効果が受けられますので、医者に相談してみて、どのような薬剤が自信に合うかどうかをしっかりと見極めてもらいましょう。

更年期 女性2

更年期障害は女性の生活に関わる重要な事

更年期障害は治療をしたとしてもまた再発してしまう場合があります。
そうなってしまう原因に、夫婦生活がうまくいっていなかったり、これと言った目標が無かったりと、精神的なことが深くかかわっているのです。逆に言えば自身の生活などを見直すいい機会でもあります。新たな趣味を見つけたり、ボランティアを始めてみたり、と更年期以降の自分の人生に何かしらの目標を持つようにすれば、精神的な部分が解消されて、症状から解放されるということもあり得るのです。食生活などの見直しも効果的です。
更年期障害が起こってしまった場合、更年期障害を予防したいのならば、何よりもきちんと生きる目標を持って、これからの人生を楽しんで過ごせるように心掛けることが最も大切なことなのです。ストレスがたまるような目標の立て方はよくありませんが、精神的に楽になれることがあれば、十分に予防はできるので、まだ更年期症状が現れていないのならば、それらを探すことをオススメします。

【白井田七。甕(かめ)】さくらの森
40代からくる悩みの救世主!
熟成発酵黒酢や有機栽培の田七人参が女性ホルモンに働きかけ、めぐりをサポート。
さらにプロテオグリカンがお肌に欠かせないヒアルロン酸やコラーゲンの働きを大きくサポート。朝からイキイキとしたあなたを蘇らせます!


スポンサーリンク