水菜がもつ美容と健康にとっておきの7つの効果

水菜

水菜は緑黄色野菜で多くの栄養素を含みます。効果は血栓と動脈硬化の予防、抗菌作用、解毒毒機能と抗がん効果、食物繊維が多いので腸内環境を改善、ビタミンCにより美肌効果とアンチエイジング効果が期待出来ます。さらに免疫がアップし骨と歯が丈夫になります。

水菜の栄養素と効果、効用について

水菜とは?

水菜というのはアブラナ科アブラナ属の野菜で、昔から関西の京都などで作られていた伝統的な京野菜ということが出来ます。京都の東寺九条近辺で、肥料を使用せずに水と土のみで栽培可能なことから水菜と呼ばれるようになったのです。日本全国では京菜と言われることもあります。

非常に上品な味で歯触りがいいのが特長で、冬のなべ料理に使用されることが多い野菜と言えます。一昔前は関西を中心でしたが、現在は関東でも栽培が行われ全国各地の食卓に出てきます。

水菜の種類は「千筋みずな」と呼ばれる関西の品種で葉に多く切れ込みがあり茎が白いモノ。「茎広きょうな」と呼ばれる関東の品種で葉の幅が広くなっていて切れ込みは浅く1株が大き目で茎も太いタイプのモノ。「みぶな」は切れ込みがなくて、茎は細いタイプで緑色となっていて水菜と比較し柔らかく辛味と香りがあるモノで京都の壬生の品種なのでみぶなと言われます。

水菜の栄養成分について

水菜の100g当たりの栄養価はカロリーが23kcal、たんぱく質が2.2g、水分が91.0g、脂質が0.1g、炭水化物が4.8gで食物繊維が3.0gとなっています。さらに多く含まれている栄養素はβ-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄となります。淡白な味とその色合いから淡色野菜と思っている人が多いかもしれませんが実は緑黄色野菜で栄養価も非常に高いのが特徴と言えます。

美容と健康の効果とは?

・血栓と動脈硬化の予防効果

水菜に含まれているアリルイソチオシアネートというのはアブラナ科の野菜にある辛味成分でわさびと同じ成分と言えます。そのため血栓の予防に効果があると言えます。さらにビタミンC、ビタミンE、βカロテンには抗酸化性があるので、活性酸素を除去しコレステロールの酸化を予防するので動脈硬化にならないようにに対策も出来ます。

・抗菌作用

アリルイソチオシアネートの抗菌作用はかなり高く、大腸菌O-157、カビなど広い範囲で発揮されます。その作用を活用し食品保存に使用する包装材が開発されました。さらに魚や肉の生臭い臭いのトリメチルアミンの量を抑制する作用があり、一緒に調理したら生臭さを抑えることが出来ます。

・美肌効果

水菜に含まれるビタミンCは美白、シミ、そばかすの予防とコラーゲンが体内で作られるのを促し肌のターンオーバーをサポートするので肌にハリが出て美肌になれます。さらにビタミンE、βカロテンも含まれているからビタミンCと共に抗酸化作用により活性酸素を除去してくれるのでアンチエイジング効果もあります。

・免疫機能をアップ

水菜に多く含まれているビタミンCには免疫力をアップし風邪を予防する効果があります。その他にもストレスを緩和するのでストレスによる症状を改善出来ます。

・解毒機能と抗がん効果

水菜に含まれているグルコシノレートには解毒機能を高めて発がん物質を排出する作用があります。さらに酵素分解が行われアリルイソチオシアネートに変化し辛味成分となるのです。この成分は両方とも抗がん作用があると言えます。

・腸内環境を改善

水菜は沢山の食物繊維が含まれていて悪玉コレステロールを減少し腸内環境を改善してくれるので便秘解消、美肌効果、大腸がんの予防効果ガ期待できます。

・骨と歯が丈夫に

水菜はカルシウムの含有量が高いので骨や歯を丈夫にすることが出来ます、100g当たりでは牛乳の2倍の量が含まれていてカルシウムは脳細胞、神経細胞の働きをサポートします。

水菜を使ったレシピ

水菜のサラダ

材料は、水菜は関西系の歯触りが柔らかいモノを選びましょう。

それからドレッシングはお好みのモノを選んで下さい。淡白な味なのでどんなドレッシングでも合います。水菜はシャキシャキとした食感がいいことから生でサラダにすると歯触りがいいしビタミンCもしっかり摂取することが出来るから非常にお勧めの食べ方ということが出来ます。またみぶなの場合はドレッシングに関しては和風、中華風、洋風と好きなドレッシングを選ぶことにより独特の辛味と風味がいいのでサラダとして食べる方法もオススメです。

水菜とじゃこのサラダ

・はりはり鍋

材料はしゃぶしゃぶ様の豚肉とコブだし水菜、片栗粉で作り方は豚肉に片栗粉をまぶしてダシで湯がきます。鍋にだし汁をを作り豚肉を投入して水菜は少し火を通すだけで食べる様にして下さい。お好みで豚肉をカラ揚げにしたり、鴨の胸肉の薄切りにすることも出来ます。片栗粉をつけて湯がくことによりダシが濁らず肉自も柔らかくなるのでひと手間を惜しまないようにしましょう。通常の鍋みたいにえのき、豆腐を加えてもいいし、だし汁に入れる調理法は上品な味付けで量を食べることが出来ますがすき焼き鍋にダシは使用せずに砂糖と福フみの味付けで水分は水菜より出た水分だけで食べるはりはり鍋も存在します。

簡単で美味しいのでぜひ作ってみてくださいね。

ハリハリ鍋

スポンサーリンク