汗をかきやすい場所って?5つの部位と対策法

まず、汗をかき易い5つの部位と一か所に汗をかきすぎることは体調の何かしらの異常が現れています。それぞれの部位について、汗をかき易い原因と、集中している際に考えられる原因、それらの治し方と対策方法についてお話します。

汗をかきやすい

汗をかきやすい体の5つの部位について

汗っかき、というのは体質です。
この体質は3歳までに決まると言われていますが、全身が常に汗まみれ、ということはありません。汗をかきやすい部位はしっかりとありますし、実はそれぞれの部位ごとについての対策方法も存在します。
まず汗をかきやすい部位ですが、額、掌、足の裏、背中、脇の下です。
普通の人ならば、これらの全ての部位が、汗をかきやすいようになっており、運動をした際、夏場などにはじんわりと汗がにじんでいる事でしょう。ただ、一年中、または夏場などに、一か所に集中して汗をかくようになっていると、それは何かの病気などが原因となっていることがありますので、注意しましょう。

では、それらの特定部位が汗をかきやすい原因、そして問題がある場合、どのようなことが原因となっているか、最後に対策方法について、それぞれの部位に付いて見てみましょう。

額に汗をかきやすい場合についての解説

まず、額に汗をかきやすい原因ですが、そもそも発汗は上がり過ぎた体温を下げるための作用です。
別段、頭は体温が上がりやすいという訳ではありませんが、人間にとって最も大切な臓器の脳がある部分です。ですので、頭部は汗をかきやすくし、脳に熱を籠らせないようにしている働きがあるのです。
ただ、頭部には髪の毛があります。ですので、頭部で発汗されると髪の毛に止められるため、あまり流れ落ちることはありません。ただ、額には髪の毛がありませんから、汗を受け止めるものがなく、同じ頭部であっても汗が出ていることを認識しやすいのです。
これが、通常の方における額の発汗の原因です。これは気温が高い時期には殆どの人に見られることです。
しかし、気温が高いわけでもないのに急に顔がほてり、発汗してしまう、という場合、それはホットフラッシュ、という症状です。ホットフラッシュは更年期障害における症状の一つです。ホットフラッシュが起きている方は、更年期障害になっている場合が多いです。

また、顔面から汗が噴き出す場合は、交感神経が活発になりすぎている顔面多汗症の可能性があります。こちらは、夏場にエアコンの効いた部屋に長時間いると、発症してしまうものです。治す方法としては、注射や手術などがありますが、代償性発汗という他の部分から汗が出てくる症状になることがありますので注意しましょう。
対策としては、エアコンの温度調整をしっかりとすること、また、ぬるめのお風呂や運動で全身から汗を出せる習慣を日常的に取り組むことなどです。

額の汗

掌から汗が出やすいのは、暑さが原因ではないことが多い

(てのひら)は、汗腺が密集しているために汗をかきやすい部位です。
ただ、汗をかく原因としては、暑さが原因となることはあまりないのです。掌は、空気中に触れていたり、ちょっと汗をかいた程度ではすぐに拭けます。それに、何かしら動いていることが多いので、汗が溜まってしまうことはなかなかありません。何かをずっと持っているときに汗がにじむ、という程度であれば普通です。
しかし、そうでなくとも汗をかいてしまう場合は、手の多汗症であることが多いです。多汗症は遺伝するものであり、治療以外に治す方法はありません。ただ、体質によっては効果がでなかったり、痛みを生じたり、かなり高額の治療費が掛かったりと、デメリットも大変大きいです。ですので、対策として常に手を拭けるようにハンカチやタオルを用意する、良く洗浄する、または、ケア用品を使用するなどの対策を講じることが一番いいかもしれません。

手の汗

足の裏は汗で悩むより臭いで悩んでしまう

足の裏も、掌と同様に汗腺が多い部位です。
ただ、ここで汗をかいていて悩む原因はその汗のせいで生じる酷い臭いです。足の裏は雑菌が繁殖しやすく、それにイソ吉草酸という脂肪酸を足の裏のみが分泌し、それらが臭いの原因となってしまうのです。
また、靴下を履いているのにも関わらず、汗で足跡が残ってしまうときは、手と同様に多汗症になっている場合がありますので、こちらも病院で治療しましょう。

足の裏の汗

背中は体温を下げるために汗をかきやすい

夏場に、リュックサックなどを背負っていると背中にびっしりと汗をかいている、ということが良くありますし、寝ている間の寝汗は主に背中から出ている、ということが多いです。
背中の汗は、主に体温を下げるために行っているもののみで、これと言った病気が原因となることはありません。
ただ、背中の汗を異常にかいてしまう、暑くもないのに背中が汗でびしょ濡れになってしまう、という場合には、エアコンの使い過ぎなどで、体温調整機能がくるってしまっていることが原因となっています。エアコンの温度調節、使い過ぎには注意しましょう。

背中の汗

汗の悩みの代表と言えば脇からの汗

脇汗で悩んでいる、という方は恐らく一番多い事でしょう。
脇の下にはアポクリン腺というたんぱく質や脂質を出す汗腺があるために、独特の臭いを発することもありますし、これが密集しているために、汗の量も多いです。
また、ワキガになり易い傾向もあります。脇汗の場合は、汗が出やすくても仕方のない部位です。ですので、対策用の商品はたくさん売られていますから、それらを利用すると、汗じみ対策も、臭い対策もできるでしょう。
ただ、臭いが激しい場合やシャツが黄ばんでしまうという場合にはワキガになっていることもありますので、その際にはしっかりと治療してもらいましょう。

脇汗

汗をかきやすい場合には体質以外の原因もある

汗をかき易いのは代謝がいい証拠だから、決して悪い事ではない、と思われるかもしれません。しかし、汗をかき易い部位以外の汗っかきは体質以外の原因もあります。

それらについては冷え性、ストレス、肥満、自律神経失調症バセドウ病などの病気などが挙げられます。人よりも汗をかき易い、というのは体質だから、ということでそのままにしておくと、何かしらの病気、体調の狂いを見過ごすことになりかねませんので、注意しましょう。

スポンサーリンク