疲労原因は4つだった!簡単回復法で疲労解消!

疲労は発生原因によって原因があり、運動と労働、温度変化、精神、病気といわれています。そのような疲労が生じたら質の高い睡眠の確保や、ビタミン摂取、軽い運動などがおすすめです。また、ビタミンB群が豊富に含まれている豚肉などの食品やにんにくサプリなども注目です。

疲れた女性

疲労の主な原因って?

疲労は発生原因によって4つの原因があります。
1つ目が運動と労働、2つ目が温度変化、3つ目が精神、そして4つ目が病気といわれています。
1つ目の疲労の原因となる運動と労働ですが、運動は体を動かしたりする筋肉の激しい使用で、こりの発生や部分的な筋肉損傷が生じておこります。しかし運動を行うと同時に、心地よさを感じるため、嫌な気分にはなりません。
また、労働はデスクワークや立ち仕事、家事などのことです。労働を行うと、だるさや重さのある疲れが生じます。デスクワークや立ち仕事などでは、腕や足の一定の筋肉だけが長時間使われていき、部分的な筋肉の硬化作用によって細胞が傷つき、その影響で細胞から疲労物質が発生します。これまで、疲労物質とは乳酸のことだと考えられてきました。体を動かす過程で生じるのが酸性の乳酸で、そのような乳酸によって細胞が傷つけられ肉体疲労が生じるということとされていました。
しかし、現在では乳酸はむしろ疲労回復効果をもつと考えられるようになっています。疲労はFF(Fatigue Factor)と称されるタンパク質が原因であり、FFが蓄積することで疲労感が生じることが分かってきたのです。このFFは体を直接動かさずとも、頭を使ったり姿勢の維持でも生じることがわかっています。細胞が大量の酸素を消費して活動を行うと活性酸素が発生します。活性酸素によって疲労感が生じるといわれています。

仕事で疲れた女性

2つ目が温度変化、については、体の体温調節機能が原因で疲労感を感じるといわれています。体温調節作用が行われると体内のエネルギーが消耗されます。夏場に疲れやすいというのは、体温を下げようと汗をかいたことで生じる疲労の蓄積といえます。

暑がる女性

3つ目の原因は精神性の疲労感です。例えば、ストレスがあったり、自律神経が乱れたりすることで、心臓の収縮から唾液の分泌まで体全体の反応が悪くなります。そのため体が疲れてしまいます。重度の精神的疲労が生じたりした場合には、神経症や心身症、躁うつ病の原因にもなってしまいます。

悩む女性
4つ目は病気です。例えば、貧血、慢性肝炎などの肝臓疾患、心臓疾患といった特定の病気が原因で疲労感が生じてしまいます。バセドウ病や甲状腺機能低下症などの甲状腺系の病気では慢性的な疲労が引き起こされやすくなっています。

病気がちな女性

疲労の回復方法

そのような疲労が生じたら、質の高い睡眠をしっかりとったり、ビタミンを摂取したり、軽い運動などを行って筋肉をほぐすことをおすすめします。
疲労を自然に回復させる一番効果的な方法といわれているのは睡眠です。就寝中でも私たちの心臓や肺などは活動していますが、筋肉や脳は休息した状態ですので細胞の修復が行われているのです。
この修復が疲労回復上重要で、一般的には7時間が理想的といわれています。また、疲労を回復したいときにはビタミンBを積極的に摂りましょう。
例えば、ビタミンB1はにんにく、うなぎ、豚肉などの食品に多く含まれ、糖質をエネルギーに変える働きがあり、疲れを感じにくくなります。その他、ビタミンB2ビタミンビタミンB12なども意識してとりたい栄養素です。
そして、筋肉をほぐし、全身の血流を改善して細胞にたくさん酸素や栄養を送り届けることができるよう、軽い運動を行うことは疲労回復に役立ちます。ゆっくりお風呂に入ったり、体をマッサージしたり、就寝前にストレッチをしても血流がよくなって筋肉の緊張がほぐれやすくなります。効率的に疲労物質を除去する食品を摂るのもおすすめです。
ビタミンB群が豊富に含まれている豚肉や鶏肉、ワシ、カキ、バナナ、納豆、レバー、うなぎなどの食品は効率的に疲労物質を減らしてくれます。にんにくがおすすめです。数粒で手軽ににんにくの栄養を丸ごと摂取でき、アリシンという成分が豊富に含まれており、疲労回復に効果的です。疲れが溜まったときにはにんにく注射を受けているという人います。手軽にできるのは美容ドリンクや栄養ドリンクを飲むこともお勧めです。様々な疲労回復の工夫があります。

まとめ

このように疲労は発生原因によって4つの原因があり、そのような疲労が生じたら質の高い睡眠の確保や、ビタミン摂取、軽い運動などがおすすめです。また、ビタミンB群が豊富な食品やにんにく、ドリンク剤なども注目です。

スポンサーリンク