「お湯を飲む」これだけで痩せれる白湯ダイエット!

白湯ダイエット

最近「白湯ダイエット」という言葉を目にしませんか?これは、沸騰させて冷ましたお湯を飲むだけで痩せるというダイエット方法の一つなのですが、とても効果があるとされて、いま世間で大注目を浴びているのです。でも、どんなダイエットもそうですが、正しい方法でないと効果はありません。今回は正しい白湯ダイエット方法を紹介します。

そもそも白湯ダイエットって何?

白湯ダイエットはごく普通の水をやかんで沸騰させて、冷ました適温のお湯を飲むというダイエット方法です。白湯には基礎代謝を上げてくれる効果があります。
その結果、体の脂肪を燃焼させる機能も活発になり、血行も良くなって老廃物や余分な水分も排出しやすくなりますし、白湯の熱によって体内が温まると内蔵機能も活発になっていきます。

白湯ダイエットでどんな効果があるの?

上述の通り、白湯の熱には身体全体を暖める効果があります。そして、体内の機能が活性化されて行くのですが、その中でも内蔵の機能がかなり高まって行くので体内に溜まっている余分な脂肪を効率よく燃焼させて行く事につながっていくのです。
具体的にいうと、胃腸などの血の巡りがかなり良くなって行くのですが、内蔵機能は1度上がるだけで代謝はなんと約10~12%も上がるのです。そして、食べたものの消化もスムーズになって行きますから、脂肪だけでなく溜まりに溜まった便や体内の老廃物も排出されやすくなり、便秘にも効果的です。
さらに、血液やリンパの流れが良くなると、余分な水分が排出されるのでむくみ改善にもなり、生理痛も緩和してくれると女性にとっては嬉しい効果がいっぱい白湯には詰まっているのです。

白湯を飲む女性

とりあえずやってみよう!白湯の作り方

では、白湯はどのような作り方をすればいいのかとなりますが、それはとても簡単です。
用意する水は水道水やミネラルウォーター(軟水)、浄水器の水など日常で使用している水で十分です。これで、

  1. やかんや鍋などに水を入れて沸騰させる。
  2. 沸騰したら蓋を取って、さらに10分間ほど弱火で沸騰させ続ける。
  3. 火を止めて、50度から60度までにお湯の温度が下がるのを待つ。
  4. マグカップにお湯を注ぐ。残った白湯は白湯は保温ポットや水筒に入れていつでも飲めるようにしておく。

といった具合です。ちなみに、マグカップには大体150~200mlぐらい入れたら十分です。

白湯ダイエット

適量と適した時間ー白湯の飲む量とタイミング

白湯ダイエットで一番適している量は1日で800mlまでとされています。といっても、1回で800ml全部飲むというわけでは勿論ありません。1回に飲む量はせいぜい200mlほどで、これを4~5杯に分けて飲むのです。
一番いいのは朝に目覚めた時にまず1杯飲む事で水分不足な状態の自分の身体に水分と熱を与えて、朝食の消化力を高め、他の食事の時間にも1杯ずつ飲んで、寝る前にも飲む事です。
なお、朝は1杯を10分程のペースでゆっくり飲んで朝食は30分ぐらい時間を空ける事も重要です。いきなり飲み食いしたら胃がびっくりしますからね。また、寝る前の白湯にはリラックス効果もあるのでより良い睡眠を取ることにも繋がりますよ。

寝起きがいい女性

自分にとってより良い白湯に!アレンジ方法

何もしなくても十分にダイエット効果のある白湯なのですが、アレンジする事によってよりいろんな効果をもったお湯にすることもできます。
例えば、生姜を加えるとショウガオールという成分によって血行促進、保温効果、代謝が上がる事によってよりダイエットに効果が出てくるという事があります。ショウガオールは乾燥させるとより増えるので1mm程度の厚みにスライスして、1日天日干ししたものを2枚ティーポットに入れて200mlのお湯を注いで、冷まして飲みましょう。むくみ・冷えに効果ありますよ。
肌や便秘が特に気になっている人にはレモンが効果的です。レモンは善玉ホルモンであるアディポネクチンの量が増えやすいです。ホルモンは美肌に取って欠かせないですからコレは嬉しいですよね。それだけでなく、エリオシトリンと呼ばれるポリフェノールが脂肪を溜めにくくさせ、腸を活性化させるので便秘効果的というわけです。レモンはよく洗ったものを皮付きで輪切り1枚を生姜と同じようにすればOKです。美肌目的なら絞り汁5滴ほど加えると更に効果的です。
コレステロールの改善なら中性脂肪やコレステロールを下げる効果をもつシナモンがオススメです。シナモンパウダーを3回振ってティーポットに入れ、少量のお湯で溶いたらあとは上述と同じです。むくみにも効果的ですが取りすぎると肝機能障害を引き起こす可能性があるので1日2~3gまでにしましょう。
他にも、疲れている時には梅干しを入れると疲れにくくなりますよ。

白湯アレンジ

落とし穴にご注意を!一歩間違うと逆効果

このように素晴らしいダイエット効果をもつ白湯ダイエットですが、方法を間違うと効果が無くなったり、逆に悪化することもあります。
そもそも、せっかく暖めても体温より白湯の温度が低くなってしまっていたら身体は全く温まりませんし、基準の800mlよりも飲み過ぎてしまうとむくみの原因にもなります。そして、一気飲みしたら内蔵は上手く活性化しないのでゆっくりと飲むようにしましょう。これらを守ればスッキリとしたスリムボディーになれるはずです。

スポンサーリンク