鉄分不足で肌にカビ!?貧血だけじゃない鉄分不足の7症状

動悸や息切れがしたり、体がだるかったりすることはありませんか?
そんな症状があったら、鉄分が足りていないサインかもしれません。貧血には、血液を作る働きに問題があって起こる場合など、様々な種類がありますが、貧血の70%以上を占めるのが血液の材料となる鉄分が足りなくなることで生じる鉄欠乏症貧血と言われています。

鉄分不足

鉄分は体に欠かせません

鉄分は、たんぱく質やカルシウムと同じように、体に欠かせない栄養素の一つです。
人は、呼吸で取り入れた酸素を血液の中の赤血球で、体の隅々まで運んでいます。赤血球には、ヘモグロビンと呼ばれている鉄分とたんぱく質から成る成分が沢山含まれていて、この鉄分が酸素を運ぶのに重要な働きをしています。
ところが、なんらかの原因で、体の中の鉄分が足りなくなると、ヘモグロビンが作れず酸素を十分に運べなくなります。そうなると、体は慢性的に酸素不足となり、様々な不調が現れます。

女性は特に鉄分が不足している?

特に女性は、生理の出血が定期的にあるので、どうしても鉄分が不足してしまう原因となります。立ちくらみの症状がないので、自分は貧血ではないと、思っていても実は貧血というケースがあります。
例えば、氷をガリガリ食べたくなったり、爪が反り返る脈が速い足がむずむずする抜け毛の量が多いといった症状も貧血の症状となります。当てはまる症状が多ければ、それだけ重症な貧血ということになります。

氷を食べる女性

脚むずむず症候群?

鉄分が不足すると、足に不快感が生じるむずむず脚症候群といったものが現れる場合があります。
16時頃から足の表面より中程に不快感を感じ、安静にしている時ほど症状が出るとされています。何故か、暑くなると症状が現れて冷やすと症状が改善することがあります。寝ている時に、体がピクピク動く人もいます。また、鉄分不足から白血球の量が減少すると、免疫力が低下して、肌にカビが生えてしまうこともあると言われています。
しかも、鉄分不足は、白髪が増える原因とも言われています。

鉄分不足が引き起こす主な症状

氷をガリガリ食べたくなった
爪が反り返る
脈が速い
足がむずむずする
抜け毛の量が多い
肌にカビがはえる
白髪が増える

貧血の原因は2つだった!

貧血の原因

貧血で病院に行く場合は、女性の場合は婦人科消化器科の受診を推奨されています。
何故、消化器科なのかというと、貧血の症状は2割が消化器系の疾患で、6割が過多月経が原因と言われているからです。
過多月経は、貧血の原因だけでなく、その影に大きな病気が隠れている場合もありますので、我慢せずに早めに治療をする必要があります。一般的には、生理の量が1月で140ccを超えると過多月経だと言われています。

過多月経

月経過多

過多月経は、子宮の異常が原因となります。
代表的なものを挙げると、子宮筋腫子宮内膜症などがあります。ホルモン療法や手術療法など、鉄剤だけではない治療が必要となります。
子宮に直接特殊な薬を挿入する子宮内黄体ホルモン放出システムは、生理の量を減らす治療は、保険適用で受けることができます。
子宮の病気は、放っておくと症状が悪化してしまいます。また、貧血を放っておくと心臓に負担がかかり、心不全などのリスクも高くなるので、早めに治療する必要があります。貧血や過多月経は、体から発せられるSOSのサインです。おかしいな、と思ったら婦人科を受診しましょう。
貧血は、生理や妊娠など女性の体の仕組みが影響するだけでなく、無理なダイエットや偏った食生活などで、食事から十分に鉄分を摂ることができずに、足りなくなるということもあります。
そして、体の中の鉄分は、全てが血液の中のあるのではなく、一部が肝臓にストックされています。鉄分の補給には、レバーを食べると良いと言いますが、それは牛や豚などの動物の肝臓にも、鉄分が豊富に含まれているからです。

もしかしたら隠れ貧血かも?

貧血血液の中の鉄分が足りなくなると、肝臓にストックされている鉄分が補われるので、すぐには貧血の症状は現れません。

この状態が、隠れ貧血です。例えば、ちょっと立ちくらみがするとか、急に寒いところに入ったりすると、ちょっとめまいがする程度だったり、疲れやすいなどといった症状が隠れ貧血の症状です。
その他にも、イライラしたり、集中力がなくなったりといった症状がありますが、症状を深刻に感じないケースが多く見られます。その原因は、貧血の進むスピードに大きく左右されます。貧血の症状がゆっくり進む場合は、体が貧血に慣れてしまうので、自覚症状が出ないことがあるからです。

また、健康診断などで、貧血を指摘されても軽視してしまう傾向があるため、そのまま放置してしまう人が少なくないようです。鉄分不足は、放っておくと、卵巣に影響して妊娠を維持させる黄体ホルモンの分泌量が低下してしまいます。
酷くなると、妊娠できなくなってしまう危険があります。また、妊娠しても流産の原因となる場合もあります。

食事から鉄分を摂りましょう

鉄分摂取にゴマ

貧血を改善する食材は、レバーやプルーンなど数多くありますが、中でもゴマは、100g中の9.9mgも鉄分が含まれてる優秀な食材です。

ゴマの鉄分は、ほうれん草の約5倍レバー4mg相当と言われています。鉄分は、吸収率が悪いので、ビタミンCと一緒に摂取することで、吸収率をアップさせることができます。
それから、緑茶や紅茶などカフェインが入っている飲み物は、鉄分の吸収を阻害するので、カフェインレスの飲み物と一緒に摂取しましょう。
豆乳には、100g当たり0.6mgの鉄分が含まれています。それに豆乳には大豆イソフラボンが含まれていますので、女性ホルモンのバランスをトとのえる効果も期待できます。豆乳が苦手という方は、黒糖生姜パウダーを混ぜて飲むと、代謝アップや冷え改善予防もできるのでお勧めです。

鉄分は、成人女性で1日に12mgの鉄を摂取する必要があります。しかし、鉄分は沢山摂り過ぎると、内臓に鉄分が蓄積されて、肌が黒ずんだり、活性酸素が発生しやすくなって、体が疲れやすいなどの副作用が起こりますので十分に気を付けましょう。
鉄分を補うことで、早い人で数か月から半年くらいで貧血の症状を改善することができます。

貧血になると、肌の調子も悪くなり、古い角質が肌に蓄積されて、くすみやシミなどの原因にもなってしまいます。
バランスの取れた食事を摂って、適度な運動を行うことで、体の中から健康になりましょう。

◯併せて読みたい!
女性の強い味方になれる美容ドリンク
おすすめ美容ドリンク比較ランキング



さくらの森 【美めぐり習慣】
小さな粒で【1日に必要な鉄分10mg】を摂取!
しかも、安全で吸収率の高い【ヘム鉄100%】でしっかり実感!
さらに【オーガニック生姜】が カラダの巡りバランスを整えます♪

スポンサーリンク