顔にできるシワの原因、あなたは知っていますか?

顔のしわが気になる

女性であればだれでもしわのないお肌に憧れるのではないでしょうか。加齢とともに刻まれるしわは、その全てが決して悪いものではありませんが、防げるしわは防ぎたいものです。
多くの女性を悩ませるしわはどうしてできて、またどうしたら防げるのでしょうか?

しわはどうしてできるのか?

年齢を重ねていくほどにお肌の状態は変化していきます。
若い時は肌の表面である表皮層の奥にある真皮層というところにあるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどが多くあり、そこにある繊維芽細胞の働きでそれらの成分が補充されます。しかし加齢とともに肌の状態を良く保つための成分を生み出す力が弱ってくるために、肌のハリや弾力が減ってしまってしわになりやすくなってしまいます。
しわの原因は加齢だけではなく、普段の生活習慣によっても大きく左右されます。紫外線による外側からのダメージや、不規則な食生活睡眠飲酒喫煙などの要因が重なれば、たとえ若くても深いしわになってしまう事があるのです。

顔のしわ

しわになりやすい生活習慣

乾燥や紫外線などの外的要因

どの年齢であっても乾燥はお肌の大敵で、しわを作りやすくしてしまいます。最初は小じわでも、そのままにしておくとくっきりとしたしわになります。また紫外線が肌に与える影響は大きく、後にしわやしみとなってしまう原因のひとつです。

紫外線が気になる女性

偏った食生活

女性はダイエットをする人が多いので、食事が偏ってしまいがちな人も少なくありません。
食事の量が少なすぎたり、栄養が不足する事で、肌の状態を保つのに必要な栄養素を摂取する事ができなくなってしまうので、肌のハリが失われてしまってしわが出来やすくなってしまいます。
偏った食事

睡眠不足

現代人に多い睡眠不足は健康はもちろんの事ですが、お肌にも悪影響です。睡眠時間はあってもその質が良くないのであればやはり肌荒れの原因にもなります。

睡眠不足の女性

喫煙

喫煙がお肌に与える影響は小さくありません。ニコチンやタールなど、タバコに含まれる有害物質は血行を悪くしてしまいお肌の隅々まで届くはずの栄養素が運ばれなくなってしまうため、ターンオーバーがうまくできずにお肌が荒れてしまいます。そうなればハリを保つための要素も生成しにくくなってしまい、しわの原因になってしまうのです。

喫煙

間違ったお肌のお手入れ

肌をゴシゴシとこするような洗顔方法や不十分な保湿など、せっかくお肌のお手入れをしていてもその方法が間違っているならばお肌の状態は悪化してしまいます。

お肌の擦りすぎ

しわにも種類がある

顔のしわ 図
表皮の小じわ

乾燥すると出来やすいのが表皮しわといわれる小じわです。顔の中でも目じりや口元などのよく動く部分は、乾燥にも弱いためしわになりやすく、他の部分よりもデリケートなので、化粧水や乳液で水分や油分をしっかり補給する事がとても大切です。
一時的な乾燥による小じわは対処しやすいですが、そのまま放置しているとしわはさらに深くなってしまい、なかなか消す事ができなくなってしまう恐れがあるので、しっかりとケアしたいですね。

真皮しわ

加齢とともに深くなってくるようなしわは真皮しわといって、なかなか消す事が難しい種類のしわです。年齢とともにコラーゲンなどが減ってしまうため、進行を全く止めるという事はできませんが、自力で生成できなくなってしまった成分を取り込む事で、からだの内側からケアをしていく事がとても重要になります。

その他のしわ

表情の癖は人それぞれで、よく笑う人は笑いじわ、顔をしかめる事が多い人は眉間にしわなど、普段の顔の筋肉の使い方によってそのしわの状態が違います。
年齢を重ねた人の笑いじわや目じりのしわは素敵に見える事もありますが、眉間のしわやおでこのしわが深くなりがちならば、普段の表情に笑顔が多くなるといいかもしれませんね。しわは縦や横にと様々な形で現れます。それらの原因は乾燥や誤ったスキンケアだったり、栄養不足だったり、姿勢の悪さなども関係しています。むくみに悩まされている女性も多く、代謝の悪さもしわを作りやすい要因のひとつです。

しわにいい栄養素とは

健康でハリのあるお肌を保つには、栄養は欠かす事ができません。

ビタミン群

ビタミンA、C、Eはお肌の健康にとって重要な要素がたくさんあり、肉や野菜、果物、穀物など、多くの食品にふくまれていますので、普段から豊富な種類の食材を取り入れたバランスの良い食事を心がける事で、色々なビタミン類を摂取する事ができます。

ポリフェノール

抗酸化作用があり、美容にいいと言われるのがこのポリフェノールです。
ワインやチョコレートにも多く含まれている事で有名ですが、多くの人が手軽に取り入れられる成分ですが、多く摂取すればいいというわけではないのでほどほどに取り入れたいですね。またポリフェノールは水溶性です。摂取したあと、体内の蓄積が出来ません。1日3食の食事にバランスよく摂取しましょう。

しわになりにくい生活習慣

お肌にいい生活は健康にもいい生活です。
普段からストレスを上手に解消し、ゆったりとした入浴時間を過ごしたり、マッサージ専用のクリームなどをつかってやさしく顔をマッサージして、化粧水や乳液でしっかりとお肌をケアするように心がけましょう。しっかりと刻まれてしまったしわを取るのはとても大変な事ですが、早めの対策によって消す事のできるしわはあります。無理にしわを伸ばすようにするのではなく、お肌に負担をかけないような正しいスキンケアを日々しっかりと行う事をおすすめします。また、表情筋を鍛えるトレーニングも肌のハリを維持するのに有効です。
ストレス等にうまく対処して楽しい日々を送っていると、自然と表情も豊かになるのでそれだけでもとてもいいトレーニングになります。
しわを完全に防ぐ事はできませんが、日頃の生活がより健康的で爽やかなものになっていけば、自然とお肌もうるおうようになって、余分なしわを刻んでしまう事も少なくなるかもしれません。
表情筋を鍛えるエクササイズ

スポンサーリンク