40代からのダイエット!?効率的なポイントを知ろう!

40代になるといろいろな場所に老化現象が現れます
体内で合成される成長ホルモンや酵素などが減り、細胞や器官が衰えはじめ、太りやすい体質になってきます。中年太りは代謝の低下による老化現象の一つです。また、内臓脂肪が体につくのを抑える女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことも太りやすくなる原因といわれています。

さらに、新陳代謝が低下し、太りやすくなるだけでなく、シミやシワといった肌の老化現象も深刻になってきます。

40代からのダイエット法

40代になると太りやすい体質になる!?

40代になると基礎代謝が衰え、体の細胞も老化してエネルギーが効率よく使えなくなってきます。
基礎代謝10代がピークといわれ、その後は年を重ねるごとに年々低下傾向があります。そうすると、より太りやすくなります。そのため、40代になる頃は10代の終わりごろと比べると、男性では約7kg、女性では約6kgくらい脂肪が体についているといわれるデータもあります。

女性の場合は、30歳代の後半になると基礎代謝が急に低下するといわれ、この頃から基礎代謝もぐっと下がってきます。また、ホルモンの分泌量も低下して、内臓に脂肪がつきやすくなりますので、内臓型肥満も多くなります。急にお腹周りにお肉がついたり、お腹がでてきたらしっかりと注意することが重要です。
食事や運動、睡眠になどにしっかりと注意して、サプリメントなどで不足する酵素などを補充するようにしましょう。そして、できるだけストレスをためない生活を送ることも重要です。

40代からのダイエット

太りやすい体質になる原因って?

40代を超える基礎代謝が衰えて、エネルギー効率が低下し、40代に入った途端に太りだしたという人も多くなってきます。
過食をしていないのに太る一方で、なぜ太るのか分からないといった声や、腹筋を毎日やってもお腹周りの脂肪が全然落ちない、仕事を始めてよく動くようになったのになぜ太るのかがわからないといった声も多くあります。

40代を超えると女性ホルモンのエストロゲンが低下してきます。エストロゲンは食欲抑制作用があり、このホルモンが減少することで満腹ホルモンとよばれるレプチンが減少し、逆に空腹感を刺激するホルモンであるグレリンが増えて、食欲が増進してくるのです。
レプチンの減少によって内臓系の脂肪が燃焼されにくくなるということがわかっており、40代からの食欲と脂肪の蓄積が深刻になるのです。
内臓系脂肪による肥満は、特に生活習慣病と関連性が高く、高血圧や脂質異常につながりやすく、心臓病や脳卒中といった深刻な疾患を引き起こす可能性が高くなります。

太りやすい?

健康的にダイエットを行うポイントについて

そこで、太りやすくなってしまった40代をよりよく乗り切るために、次の点に注意してより健康的にダイエットをおこなっていきましょう。

40代や50代の食事は若い時と同じようにしてはいけません。低カロリー高タンパクの食べ物を摂取するようにしましょう。特に、麺類やごはん類などの糖質が多く含まれている食事を摂りすぎるのも控えましょう。油っぽいものやお菓子なども要注意です。オイルも太りやすくなりますので、できるだけ魚系のオイルやしそ油などのオメガ3の不飽和脂肪酸がたっぷり含まれているオイルを摂取しましょう。

女性ホルモンが低下することで内臓系脂肪がつきやすくなっていますので、大豆製品に多く含まれていることが分かっているイソフラボンと呼ばれる成分を多く摂るようにしましょう。イソフラボンは女性ホルモンに似た構造をしており、骨粗しょう症などの疾患の原因となるカルシウムを骨に蓄える働きなども注目されています。
カルシウムや、カルシウムの働きを助けるマグネシウムなども併せて摂取することで女性ホルモンのバランスが崩れると損なわれやすい骨の健康を良い状態に維持するメリットもあります。

また、ながら食べは禁物です。食べる時には食事時間をしっかり決めて食べましょう。
朝と昼はしっかり食事をして、控えめな夕食を摂る、寝る2時間前には食事をしないようにするという生活習慣はダイエットという点でもとても重要です。人間の体は寝ている間に食べたものが体についてしまうようになっていますので、なるべく寝る前には食べないようにしましょう。
生活習慣の中で質の良い快適な睡眠はとても重要ですが、もし、寝る直前などに食事をしてしまうと、消化をするため、就寝中も胃腸は活発に動くことになります。そうすると、胃腸は起きているのですから落ち着いて睡眠をすることができません。睡眠が不足してしまうと、血糖値が不安定になったりして、食欲が旺盛になったりしやすくなります。そのため、生活習慣を整えるということがとても大事になります。

パソコン作業などで同じ場所で座って仕事をすると、運動量が少なくなり、筋肉も衰えやすくなりますので基礎代謝も低下しやすくなります。姿勢は骨と筋肉により支えられており、姿勢が悪くなるということは、骨や筋肉が十分鍛えられていないということにもなります。特に背筋をまっすぐ伸ばすということはそれだけでも、基礎代謝を上昇させることになるといわれますのでこの点も踏まえて生活しましょう。

そして、適度な運動も太りやすい体質を改善するのに有効です。座る時間をできるだけ少なくし、毎日続けられる運動を継続することが大切です。ストレッチや体操などもおすすめです。また、ウォーキングなどの軽めの運動なら15分くらいで十分ですので続けるようにしていきましょう。水泳や軽めのジョキングといった有酸素運動もおすすめです。

体重計

まとめ

このように、40歳を超えるといろいろな場所に老化現象が現れ細胞や器官が衰えはじめて、太りやすくなってきます。そのため、食事や生活習慣を整え、運動などを適度に行うことで、太りやすくなってくる40歳をしっかりと充実させて乗り切りましょう。

スポンサーリンク